ビーレフェルト
都市を選択

ビーレフェルト:美意識が高い、商人の都市。

ビーレフェルトは、1214年にヘルマン・フォン・ラーフェンスベルク伯爵によって建設されました。 彼には先見の明があったようです。昔からの交易路が交わり、トイトブルクの森を越える峠にも近い土地が、絶好のロケーションにあることに、当時すでに気づいていたのです。 こうして、大きな市場と美しい木骨家屋をもつ、典型的な商業都市が生まれました。ちなみに市場と木骨家屋は、市民の際立った美意識と並んで、今日までビーレフェルトの特徴とされています。

多くの商人たちが、この新しい都市で領主の保証する自由を享受し、当初からビーレフェルトの発展を左右してきました。 そして、当時の人気商品だった布地とリンネルの取引により、都市は繁栄期を迎えます。その面影は、今日なおアルター・マルクトや旧市庁舎、旧市街のニコライ教会に残っています。 後に商業都市から工業都市に変貌を遂げると、都市景観もそれを反映するものになりました。特徴のある3~4階建ての集合住宅が並ぶ、新たな地区が開発されたのです。 20世紀初頭には、新市庁舎や劇場、ルネサンス様式の装飾が施された郵便局、ユーゲントシュティール (青年派様式) の駅舎といった、市を代表する建物が造られました。 1930年に建設されたルドルフ・エトカー・ホールは、擬古主義と新即物主義を折衷したような建築様式の大規模コンサートハウスで、優れた音響により広く知られています。 そして20世紀末には、さらなる文化的アクセントとなるような、美術館や市民ホール、ザイデンシュティッカー・ハレ (絹刺繍ホール) 、歴史博物館、ヒュルスマン美術館が建てられ、ラーフェンスベルガー紡績工場内にもいくつかミュージアムが設けられました。

また、1969年以来ビーレフェルトは大学都市でもあります。市内6大学のうち最大のものは、トイトブルクの森の近くにあり、全長300メートルにも達する大ホールが、学生たちのミーティングポイントに、そして建築学的なハイライトになっています。 別の分野でハイライトになっているのが、ビーレフェルトの祝祭です:5月には旧市街で数日間にわたって大規模民族祭のリンネル織工市が、毎年7月にはシュパレンブルク城で中世シュパレンブルク祭りが、そして9月には再び旧市街でワイン市が開催されます。 伝統的に1年のフィナーレとなるのがクリスマスマーケットです。 この時期には、きれいに飾り付けられた、100軒以上の木骨家屋が旧市街を取り囲み、最高の雰囲気に包まれます。 今やビーレフェルトの伝統といえるのが市民マラソンのヘルマン・マラソンで、デトモルトのヘルマン記念像をスタートし、トイトブルクの森の丘陵地帯を経て、ビーレフェルトのシュパレンブルク城でゴールします。 とはいえ、シュパレンブルクの観光に支障はありません。 城に限らず、街全体で。 時間を取ってください ─ そして、この都市に驚いてください。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました