ブレーメン
都市を選択

ブレーメンとブレーマーハーフェン:都市と連邦州、そして海への憧れ。

大いなる海上交易の歴史を持つ商都にして州都のブレーメン、それより1,000年ほど新しいものの歴史と物語に満ちた都市ブレーマーハーフェン ─ この2つの都市が、ドイツ最小の連邦州を形成しています。 と同時に、ひとつの体験ワールドを創り出しています ─ 世界に開かれて、ホスピタリティに溢れ、楽しみが多く、進取の気性に富み、しっかりと伝統を守っている場所なのです。

1200年以上におよぶブレーメンの歴史は、ユネスコ世界遺産の市庁舎とローラント像、ノーブルな都市貴族邸、ブレーメン商業会議所の歴史的建物 “シュッティング” といった、大規模バロック&ルネサンス建造物のアンサンブルが美しいマルクト広場で、インテンシブに感じることができます。 市内の主要観光スポットを回る際にも、地図は必要ありません。2,000本の真鍮&鉄製の釘が、リープフラウエン (聖母) 教会中庭から、マルクト広場を経て、ベトヒャー通りへと導いてくれます。ちなみにベトヒャー通りは、かつて職人たちが住んでいた一画で、現在は芸術と文化の中心であり、ヨーロッパ文化史のハイライトといった存在なのです。 ブレーメンの人々は、味わい楽しむことをよく知っています。まるで別の時代から突然現れたような美しい店には、世界的に有名なコーヒーや最高品質のチョコレート、珍しい香辛料、美味しい魚料理、そしてもちろん世界ブランドのビールが並んでいるのです。 これらは、1,000件以上あるクナイペ (ドイツ風居酒屋) やカフェ、レストラン、ビストロ、バーでも味わうことができます。 ヴェーザー川の60キロメートルほど下流に、1827年に建設された都市ブレーマーハーフェンは、ブレーメンとは対照的に、最近の歴史で知られています。数百万人の移民たちが最後に見た光景 ─ 幸運を求めてアメリカへ渡った人々が最後に見たヨーロッパ ─ が、この港なのです。 たくさんの人々が幸運を見いだしましたが、そうでない人もいました。ドイツ移民センターでは、迫力のあるマルチメディア・インスタレーションによって、彼らの運命が生き生きと紹介され、その大冒険がリアルに再現されます。 現代そのものといった場所が、旧港と新港の間に広がるハーフェンヴェルテン (直訳すると港ワールド) で、大胆な曲線的シルエットによるアトランティックホテル・セイルシティやKlimahaus® Bremerhaven 8° Ost (ブレーマーハーフェン気候館)、ドイツ船舶博物館など、トップレベルの観光スポットが集中しています。

船舶博物館のすぐ近くの噴水には、メルヘンの “こびと” のような姿をした、クラバウターマンの像があります。 民間信仰によると、彼は木造船に住むコーボルト (妖精) で、背丈は2フィートに足りず、亡くなった後に魂が樹に宿った人の霊とされています。 この樹が船のマストに用いられると、霊はクラバウターマンになるというのです。彼は、気分屋でつまらないジョークを言いますが、船の守護者として歓迎される存在です。 素敵な伝説であり、海洋都市ブレーマーハーフェンならではの一面でもあります。 地域の歴史や現代、未来、そして沿岸の生活については、歴史博物館でも紹介しています。ちなみに歴史博物館は、市内でも特に美しい地区 ─ 中心部に近いものの、閑静で自然が多く、大胆かつ幻想的な建築が人々を魅了している場所 ─ にあります。 ブレーメンに戻ると、またしても類い稀なミュージアムが観光客を待っています ─ ブレーメンを代表する現代美術館ヴェーザーブルクです。 これは、古い倉庫4棟に開設された、ヨーロッパ初のコレクター美術館で、6,000平方メートルの展示面積を擁する、ドイツ最大級の現代美術館として、国際的に高い評価を得ています。 現代といえば、ヴェーザー川沿いに新たに造られた、プロムナードのシュラハテも非常に現代的です。 市中心部からすぐの場所にあり、静かで快適なビア&サマーガーデンでは、ヴェーザー川への素晴らしい眺めが楽しめます。 ここからマルクト広場に戻るのなら、グリム童話で世界的に有名になった、『ブレーメンの音楽隊』の像に敬意を表するのを忘れないでください。 ちなみに、ロバの足にさわると幸運に恵まれるといわれています。 ただし、そのためには両手で触れてください。ブレーメンの人が言うには、片手でさわると2頭のロバが「グーテンターク (こんにちは) 」と挨拶するらしいのです。 もちろん、わざわざブレーメンを訪れた人が、そんな目に遭って良いわけがありません。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

世界の旅行者からの声

Ayuntamiento y estatua de Rolando

Bremen: Dos Patrimonios de la Humanidad

Bremen no suele estar en los itinerarios turísticos por Alemania, pese a que la ciudad está llena de motivos para dedicarle algo de tiempo. Allí se inventó el café descafeinado, es el destino para Los músicos de Bremen, el famoso cuento de los hermanos Grimm; se produce la cerveza Beck’s y cuenta con un par de lugares inscritos en la lista del Patrimonio de la Humanidad de la Unesco: el Ayuntamiento y la estatua de Roland. El Ayuntamiento Teniendo en cuenta el especial estatus de Bremen como ciudad-estado, el edificio del Ayuntamiento aún cobra mayor relevancia. El edificio es de principios del siglo XV y está considerado no sólo uno de los más impresionantes de Alemania sino uno de los mejores ejemplos del gótico en Europa, aunque con el paso de los años se añadieron detalles renacentistas a su fachada. En el interior podemos conocer la relación de la ciudad con la liga Hanseática. Aunque la curiosidad, una vez cruzamos la puerta, es la de poder comer en un restaurante con 600 años de antigüedad y bebernos alguna botella de vino de la gran variedad de referencias que encontramos en la bodega. La estatua de Roland Encontramos la estatua en la misma plaza del Ayuntamiento, en la Am Markt (plaza del Mercado). Son 5,47 metros de Rolando, de piedra caliza, que junto con el pedestal, la columna y el baldaquino hacen un total de 10,21 metros. En sus manos sostiene la espada Durandarte, símbolo de justicia. El enorme tamaño y la ubicación de la estatua no es un hecho fortuito en absoluto. Representa la independencia y los derechos de la ciudad, relacionados con la libertad de comercio. Hay más. La estatua lleva en la plaza desde 1404, pero antes había tenido otra ubicación. Cuentan que cuando surgieron problemas entre la ciudad y la iglesia los comerciantes la pusieron mirando a la catedral: “Vosotros ahí y nosotros aquí”.

続きを読む »

info@rafaperez.com

Youpodia Popguides - Around Bremen with Johannes Strate

You know this: In traditional city guides recommend Bars and Clubs are full of tourists - none of the alleged insider's tipps is one any longer. With the Youpodia Popguides, we have chosen another way. In the Popguides real insiders share their best tipps and favorite places of their hometown: German Newcomer-Bands and young artists. ----------------------------------- AROUND BREMEN WITH JOHANNES STRATE ----------------------------------- Johannes Strate, born in Bremen, is not only the frontman of the band “Revolverheld”, since 2011 he started a career as a solo singer as well. His first record “Die Zeichen stehen auf Sturm” (“There is a storm brewing”) is more calm and deliberate than the stadium-rock sound of Revolverheld. The guitars are more gentle and trendy; the lyrics are sober-minded and more profound. ----------------------------------- DECLARATION OF LOVE ----------------------------------- What makes the city special for you? The quarter called “Steintorviertel”, the river Weser and - of course - the football club Werder Bremen. Which songs describe Bremen best? The supporters song “Lebenslang gruen weiss” (green-white [=the colours of Werder] for a lifetime) or “Round here” by Counting Crows ----------------------------------- SIGHTSEEING & CULTURE ----------------------------------- Which three sights should a tourist see for sure? A game of Werder Bremen, the famous “Town Musicians of Bremen” monument, all bars at the “Ostertorsteinweg” street and the Buergerpark. Which places are overestimated? The Main station and the area around. Which places do you show your guests first? The Beck’s brewery and the fact that our football club doesn’t give points to visiting teams. Which museum should you visit? The “Weserburg Museum”; it offers fascinating exhibitions and I like the building itself a lot. During study times, I had my best lectures over there. Where can I discover the new bands of the city? Tower, Roemer, and at the cultural centre called “Lagerhaus”. ----------------------------------- CULINARY & SHOPPING ----------------------------------- Which speciality should I taste? A bottle of Beck’s beer and a Bremen Bratwurst. Where do I get good and cheap food? Try the “Canova“ in the art gallery, or the “Coffee Corner“ at the beginning of the street called “Ostertorsteinweg”. Where do I get the most fashionable clothes? The shops are called “King Kong Superstore” and “Attitude”. Where can I expand my music collection? EAR records in the quarter called “Steintorviertel”. ----------------------------------- NIGHTLIFE ----------------------------------- Where do you start your party nights? Either at the “Wohnzimmer” (Ostertorsteinweg 99), at the little, comfortable bar called “Urlaub” in the eastern suburb (Fehrfeld 28) or at the “Schwanghalle” (Buntentorsteinweg 112). Where do I have to go to party best? Capri Bar, Modernes, Tower ----------------------------------- WHERE TO STAY ----------------------------------- If you plan a visit to Bremen, you should check the youth hostel. You will find a comfortable and favorable bed here: : http://www.hihostels.com/dba/hostels-Bremen-022006.en.htm ----------------------------------- CHECK THIS ----------------------------------- Check out our website for more information: http://www.youpodia.de/blog/birk-grueling/pop-guides-mit-johannes-strate-durch-bremen http://www.youpodia.de/blogs Credits Interview: Birk Grüling, www.youpodia.de Foto: Matthias Arni Ingimarsson

続きを読む »

florian@youpodia.de

Das Viertel - Ostertor

Das Viertel-the hippest neighbourhood in Bremen

Welcome to the neighbourhood-Das Viertel. Once marked for demolition in 60's to build a motorway, thanks to fierce opposition from locals, the project did not go ahead. Today, it is the hippest, coolest neighbourhood of Bremen. You can find great street art or find shops like the uber cool designer store 'Kauf dich Glucklich' ( shop till happy ) and 'Die Sachenmacher' which stocks cool stuff from local Bremen artists like the recycled purse in picture plus you can party in coolest nightlife hotspots like Lagerhaus & dine in some great value restaurants like Angelino's- Italian that does a great spaghetti pomodoro for just 6 euros. Plus the Weser river and the Weserstadion (home to Werder Bremen )is just a stone's throw away..

続きを読む »

europebudgetguide@gmail.com