ツェレ
都市を選択

絵のような木骨組の家の町と、話す街灯:ツェレ

これはメルヘン、それとも町? ツェレを散歩すると、こんな質問が思わず出てきます。 何百軒という木骨組の家がある魅力的な旧市街、ルネッサンスとバロックの時代に建てられた宮殿、このすべてが小さなアラー川に臨むリューネブルガーハイデ地方の南端の町にあります:ただただ、美しいその一言です。

市教会、旧市庁舎は、この町でもっとも古い建造物で、何世紀にもわたって建てられた木骨組の家並の中の島のようです;ツェレのユダヤ教会もよく知られ、市内でもっとも有名な1532年建築の家ホッパー・ハウスは、豊かな彫刻を施した切妻壁がある堂々とした7階建ての家です。 その前にびっくりするような話す街灯の一群があります;光の像は、それぞれ別の人の性格を象徴しています。 センサーが人をキャッチして街灯が話します-個々の街灯であったり、いくつかの街灯が話し合ったり。 町の情報、小話、ことわざなどのデータを呼び出すこともできます。 ビジターにとって理解を越えるすばらしいものです。

大公、騎士、馬:ツェレの歴史

ツェレでもっとも重要な建物である13世紀に建てられた大公の宮殿が、町の中心部にあります 。 1530年にルネッサンス様式に改築され、17世紀の後半に 増築がなされ、現在の姿であるバロック様式の宮殿になりました。 現在大公の居城であった宮殿には、宮殿劇場と-1671年より存続-宮殿博物館があります。 中世後期に騎士の馬上試合が行われた競技広場シュテッヒバーンは、古き良き時代の名残です。 1471年の試合では伯爵オットー二世が落馬して亡くなりました。 レーベン薬局の前の石畳にはめ込んだ蹄鉄を見てツェレの市民はこの事件を思い出しますが、それでなくともツェレの人は馬には詳しいのです:毎年9月に催されるニーダーザクセン州立馬飼育場による雄馬のパレードでは、木骨組の家の町全体が、他では見られない馬と騎手の祭り一色に染まります。

総合芸術作品としての建物:美術館

ツェレの旧市街が独特であるように、ツェレ美術館も独特です:昼間だけでなく、夜中も総合芸術作品として活動する24時間美術館です。 昼間は二十世紀の絵画、グラフィック、彫刻、光のアート、オブジェ、なかでもボイスのマルチプルが見られます。 夜も芸術:中から色を付けて照らしたクリスタルのようにガラスのロビーが光を放ち、光と音のインスタレーションが芸術と空間、建物と町の境界をぼやかしてなくします。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました