ダルムシュタット
都市を選択

ダルムシュタット:作家と哲学者、そして宇宙研究者。

もしドイツの都市に通信簿をつけたら、さしずめダルムシュタットはクラスの優等生といったところでしょう。 教養があって博識、興味の範囲が広く、上品で洗練された外見……ダルムシュタットは、科学や文学、芸術、建築を通じて、独自のプロフィールを持つに至り、その結果有名になりました。

そして、100年以上も前に建設された芸術家村「マチルダの丘」が、ダルムシュタットを特別な存在にしています。 この “ミューズの丘” は、見事なユーゲントシュティール (青年派様式) の建物により、今日にいたるまで他に類を見ない場所なのです。 第二次世界大戦でほぼ完全に破壊され、何年も悲惨と住宅不足に喘いでいたダルムシュタットは、1949年に第2のスタートを切って、未来志向の施設を建て、 “無煙産業” を誘致してきました。その結果、これほどまでに出版社とグラフィック・オフィスが密集しているところは他にありませんし、文学や芸術、音楽に関する世界的に有名な研究所と欧州宇宙運用センター (ESOC) が、市のトレードマークになっています。 また、ドイツで最も重要な文学賞とされるゲオルク・ビューヒナー賞の授与式の他に、世界最大のヨーゼフ・ボイス・コレクションを誇るヘッセン州立美術館やクンストハレ美術館、州立劇場、活発な音楽&演芸シーン、そして多数のギャラリーが、ダルムシュタットを類い稀な文化的香りで満たしています。 1999年には、新たな大規模文化施設のセントラルステーションがオープンし、文化財保護指定を受けている旧機械ホールで、演劇や朗読、展示、演奏会、ダンスパーティなどが行われています。

この他にも、旧市庁舎やルイーゼン広場、マルクト広場の宮殿、ルートヴィヒ教会、パウルス教会、アハテックハウス、オランジェリー、ローゼンヘーエ公園、ロシア教会 (とロマンチックなマロニエの森) など、見どころはたくさんあります。 そしてもちろん、先史時代への窓口となっている、ユネスコ世界遺産のメッセル・ピット化石地域を忘れるわけにはいきません。 さらに、オーリストア人建築家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーが、自身の新たな居住ヴィジョンを体現した、晩年の作品『ヴァルトシュピラーレ (森の渦巻き) 』もあります。 しばしばセンセーションを巻き起こしてきたのが、1950年から開催されてきたシンポジウム「ダルムシュタット討論」で、2005年からは「新ダルムシュタット討論」というタイトルで、哲学や社会に関する問題が論じられています。 ダルムシュタットの都市祭ハイナーフェストも、まだバラックや廃墟があった1951年以来、毎年行われてきました。 この事実は、ダルムシュタット市民は賢いだけでなく、陽気に祭りを祝えることを証明しています。 あなたも含めて、たくさんの人が訪れてくれるなら尚更のことです。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました