ハイルブロン
都市を選択

川沿いの町とかわいい少女:ハイルブロン

ハイルブロンでは、シュワーベン地方の美徳とフランケン地方の生き方が結びつき、勤勉と伝統が寛容と美味なワインの喜びに出会います。 柔和な広々とした風光に抱かれ、ぶどう畑に囲まれたハイルブロンは、美しいネッカル川の絵のような風景と歴史的な建物で旅人を魅了します。

ネッカル川のハイルブロン:町はこの川とともに生きてきましたが、変わったものもあります:シアター船、南ドイツ唯一の珍しい浮かぶステージの船です。 ハイルブロンの町や近郊の観光にはネッカル川の遊覧船がありますが、支流の運河や大きな河川港のひとつを巡る特別なハイルブロン・タクシー・ボートといったサービスもあります。 レジャーでもハイルブロンでは川が主役で、たとえば緑の河岸遊歩道でインラインスケート、サイクリング、散策ができます。 夏には砂浜やバーのあるビーチクラブ「ヒップ・アイランド」が大人気です。

ハイルブロンとケートヒェン

ネッカル川と少女ケートヒェン:ハインリッヒ・フォン・クライスト作の騎士にまつわる劇の主人公は、ハイルブロンで二番目に人気のある人物です。 「ハイルブロンのケートヒェン」がハイルブロンとどんな関係にあったかはよく分かっていませんが、ハイルブロン市民にとってはどうでもよいことなのです:ケートヒェンが、ハイルブロンの名を有名にしてくれたからです。 というわけで二年ごとに「主役ケートヒェン」と二人の副ケートヒェンが華やかな舞踏会の席で選ばれます。 14世紀のゴシック建築の石造りの家がケートヒェン・ハウスと呼ばれていますが、 1843年にガイドブックがそう紹介したので、以来そう呼ばれています。 市庁舎も名所。 近世の建築の傑作ですが、すばらしい天文時計が見どころになっています。 1580年にイザーク・ハプレヒトが製作した天文時計の内側の円は、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星の天体で曜日を表示します。 歴月は、真ん中の円に12の黄道十二宮の動物シンボルで表されます。 外側の円には、日、週、月が出ます;時間は驚嘆のメカニズムで一時間毎に示されます。 トロンボーンを吹き、鐘を数える回転する天使、頭を突き合わせる金色の雄羊、出窓で鳴く雄鶏が、見たこともないような劇を演じ、忘れ難い思い出となります。

ワインとウォーター

ワインがとても美味しいものですから、夜も忘れ難いものいになります:ハイルブロンには500ヘクタール余りのぶどう畑があり、ドイツの重要なワイン生産地域のひとつとなっています。 緊急用に50余りの噴水が町の中にあり、いつも清涼感を与えています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました