ニュルンベルク

ニュルンベルク:生けるドイツ史博物館。

皇帝と領主、指導者と追随者、発明家と学者……印象的に、刺激的に、あるいは偉業と悲劇の境界があいまいなまま……中世以来ニュルンベルクは、ドイツの歴史を鏡のように映し出してきました。 かつてのニュルンベルクは、城の庇護の下で手工業と芸術が開花し、新たに自由な精神が吹き込まれた、他に類を見ないほど住みやすい場所でした。 このような性格は、今日まで残っています。

ニュルンベルクと:巨大な城塞は、はやくも1140年頃には皇帝コンラート3世によって建設が始められ、17世紀まで繰り返し拡張されてきたもので、今日なお都市景観の中で圧倒的な存在感を示しています。 近世や中世 ─ この都市に今なお息づいている時代 ─ にタイムトラベルしようと、年間数十万人もの人々が訪れます。 ニュルンベルク市内の歴史ルートでは、城がスタート地点であると同時に終点でもあります。この巡回コースを歩いてみると、歴史的な重要性をもつ観光スポットの多さに驚くはずです:重厚な市城壁、装飾豊かで美しい教会、ファンタジー溢れる噴水、かつての世界交易を今に伝える建物、現在はニュルンベルク市立博物館が入るフェムボハウス、住人がちょっと散歩に出ただけといった感じの、オーセンティックな雰囲気があるトゥーハー宮殿……。 ニュルンベルクは、はやくも数百年前に精密機械産業の中心地となり、裕福な市民たちは携帯可能な時計 ─ 有名な “ニュルンベルクの卵” ─ を所持していました。 画家のデューラーが長年住んでいたアルブレヒト・デューラー・ハウスや2つの美しい市庁舎も、この “偉大なる時代” に建てられたものです。 これに対して、ニュルンベルク市内の別の場所では、誤った意味での “偉大なる時代” を今に伝えています。その代表的なものとしては、国家社会主義ドイツ労働者党 (ナチ党) の大行進で有名な場所に設けられた帝国党大会会場文書センター、そして1946年にナチ党の主要戦争犯罪人が裁かれた裁判所600号陪審法廷 ─ 2010年に「ニュルンベルク裁判記念館」を併設 ─ が挙げられます。 ニュルンベルクにおける汚点を記憶していくのは必要不可欠なことであり、これからも常に歴史の一部として残り続けるはずです。

対照的に、12月にニュルンベルクのクリストキンドレスマルクトを訪れると、楽しい気分に満たされます。このクリスマスマーケットでは、400年以上もの間、幾千もの光が灯され、子供たち (と大人たち) の目を輝かせて来ます。 おもちゃ博物館には、近世にまで遡る、様々な玩具が陳列されています。 そして鉄道博物館では、世界初の機関車「アードラー号」など、現代の移動手段のルーツを目にできます。 ドイツ最大の文化史博物館であるゲルマン国立博物館は、更に過去へと人々を導きます:有史時代の始まりから、中世やバロック、ルネサンス、啓蒙主義の時代を経て、19世紀に至る歴史を、それぞれの時代と変遷について、130万点にも及ぶ展示品で見事に紹介しています。 ネオ・バロック様式の中央駅の向かい側にある、職人広場もまた過去の世界を垣間見せてくれます。かつての旅人たちは、門を通って市内に入ったものですが、現在では (門の背後は) 今昔の手工芸を実演する職人広場になっているのです。 職人たちの作業を見学したり、ブリキ玩具や皮財布のような小物を購入したり……もちろん世界的に有名なレープクーヘン (蜂蜜やジンジャー入りのニュルンベルク名産クッキー) もあります。 ニュルンベルクの市民たちは、自分たちの好物料理との関連でも、歴史意識の高さを証明しています:ニュルンベルク・ソーセージは、はやくも14世紀前半には販売されていたことが分かっているのです。 この小振りで美味しい焼きソーセージを、昔ながらのレシピで作っている、伝統的な専門店 ─ 職人広場からも近いブラートヴルスト・グレッケラインなど ─ も存在します。 このような店では、世界各地からやってきた商人や旅人だけでなく、帝国自由都市ニュルンベルクの市民や職人、芸術家、学者たちも、焼きソーセージを食べていたに違いありませんし、その中にはペーター・ヘンラインやハンス・ベーハイム、アルブレヒト・デューラー、ハンス・ザックスが含まれていました。彼らの足跡を辿っていると、しばしば美味しいものに出会うからです。 一般的に言って、歴史を身近に体験したい人にとってニュルンベルク滞在は、いずれにしても大きな喜びになるはずです。旧市街のクナイペ (ドイツ風居酒屋) で、生ビールを一杯味わう時間があれば尚更のことです。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

What travellers from around the world are saying

Handwerkerhof

Handwerkerhof Nuremberg - a vila dos artesãos

Handwerkerhof Nuremberg - a vila dos artesãos Um dos lugares imperdíveis de Nuremberg é o Handwerkerhof, uma mini-vila construída entre os muros antigos da cidade para representar o cotidiano de alguns dos artesãos de Nuremberg. No Handwerkerhof você encontrará artesãos trabalhando com diversos materiais como madeira, vidro, couro, cerâmica, ouro, prata e até latão :) Além disso, este é um dos melhores lugares para se conhecer a gastronomia e a hospitalidade franconiana. Sente-se nas mesas que ficam do lado de fora dos restaurantes, peça a famosa linguiça de Nuremberg, beba algumas das cervejas locais e Prosit! \o/ O ambiente com cara de medieval, a possibilidade de ver os artesãos criando suas pequenas obras ali mesmo e alguns ótimos restaurantes fazem desta mini-vila o lugar ideal para começar seu passeio por Nuremberg :) O Handwerkerhof está localizado bem em frente à estação central de Nuremberg (Hauptbanhof) e fica aberto do início de Março até o dia 31 de Dezembro, exceto aos Domingos. Para acompanhar nossa viagem pela Alemanha ao vivo, basta nos seguir em: Instagram: @sundaycooks Facebook: /sundaycooks Twitter: @sundaycooks

続きを読む »

marvila@gmail.com