ポツダム
都市を選択

ポツダム:宮殿と湖の間に広がる庭園都市。

かつてプロイセン王国の居城都市だったポツダムは、とりわけ文化遺産で広く知られており、類い稀な宮殿や庭園が数多く残っています。 プロイセン王国の栄華、偉大な建築家や科学者の都市としての伝統、冷戦時代における東西両陣営の接点……ポツダムは、息を呑むような文化と歴史を今日に伝えています。

300年前、駐屯地だったポツダムは、ヨーロッパ有数の華麗な居城都市に姿を変えました。 歴代のプロイセン王、中でもフリードリヒ・ヴィルヘルム1世とその息子フリードリヒ2世 (大王) が、ポツダムおよび周辺地域に “バロックの夢” を実現し、その後継者たちも擬古典様式の大規模建築物で、壮大な都市風景を創ってきたのです。 ポツダムの文化景観は、はやくも1990年に ─ 東西両ドイツの共同申請によって ─ ユネスコ世界遺産に登録されています。このとき対象となったものとしては、サンスーシ庭園や新庭園、バーベルスベルク地区、グリーニケ地区、孔雀島 (および島上の宮殿) などが挙げられます。 1992年にはザークロウ宮殿と庭園、ハイラント教会が追加され、さらに1999年にはリントシュテット宮殿と庭園、プフィンクストベルクのベルヴェデーレ、カイザー駅、バーベルスベルク公園の天文台など、計14の物件がリストに加えられました。 cこの世界遺産には、500ヘクタール余りの公園、そして1730年から1916年までに造られた計150の建築物が含まれています。 ポツダムの歴史的中心街を散策するなら、アルター・マルクト広場からスタートするのがベストでしょう。 ここでは、聖ニコライ教会とルストガルテン、旧市庁舎、そして再建された市宮殿 (将来の州議会) が、荘厳なアンサンブルを形成しています。 アルター・マルクト広場の中央に立つのは、ポツダムの偉大な建築家たち ─ クノーベルスドルフとシンケル、ゴンタルト、ペルシウス ─ のポートレートが刻まれた、高さ16メートルのオベリスクです。 17~18世紀に建設されたノイアー・マルクト広場は、家並みの背後の目立たない場所 ─ いってみればアルター・マルクト広場の裏側 ─ にありますが、ヨーロッパで最も保存状態が良いバロック広場のひとつとも、おそらくはポツダムで一番美しい広場とも評されています。

アルター・マルクト広場の周辺部では、旧馬車厩舎内のブランデンブルク・プロイセン歴史館も一見の価値があります。次の目的地ルイーゼン広場は、バロック様式のブランデンブルガー通りとサンスーシ公園入口に続く並木道が接する場所です。 この先では、古のポツダムを代表する、3つの壮麗な市門が美を競っています。ブランデンブルク門は、七年戦争の勝利を記念する凱旋門で、イェーガー門は、市内北部にある選帝侯のイェーガーホーフ (狩猟用の館) から名付けられました。そしてナウエン門は、英国風ネオ・ゴシック様式による見事な建造物で、現在はポツダム市民に人気のミーティングポイントになっています。 ナウエン門を抜けてオランダ人街に入ると、とても感じの良い雰囲気&ライフスタイルが広がります。ここでは、丹念に手入れされた裏庭や小綺麗なカフェ、ちょっとクレイジーなクナイペ (ドイツ風居酒屋) 、アヴァンギャルドな画廊などが、観光客を散策や休憩に誘っています。 ポツダム観光で外せないのが、美しい旧型蒸気船に乗って市内の湖を巡る、水上遊覧です。 ルートによってはグリニケ橋の下も通ります。これは、ポツダムとベルリンを結ぶ橋で、1980年代までは東西陣営間でエージェントやスパイの交換が行われていました。 この橋から南西方向の、さほど離れていない場所には、ハンス・オットー劇場のセンセーショナルな建物 ─ 赤い色をした巨大なコンクリート製ボウルが突き出たような建物 ─ があります。 そしてバーベルスベルクでは、誤って映画の中に入り込んでしまわないようにご注意ください。この地区には、ヨーロッパ最大にして最古の映画撮影所があり、これまで3千本以上の映画やTVドラマが製作されてきました。また、3月から10月まではフィルムパークで、 “ドイツ夢工場” の魅惑の世界をのぞき見ることもできます。 もっとも、そもそもポツダム自体が夢であり、しかも現実に存在しているのですが……。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました