• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ボン。 旧首都の “第2の人生” 。

ボン。 旧首都の “第2の人生” 。

近年の歴史において、「旧首都」と呼ばれる都市はそう多くはありません。 ボンは、その数少ない都市のひとつです。 首都でなくなったボンが、 “いばら姫” のような深い眠りに陥ると信じた人たちは、思い違いをしていました。 以前には「連邦村」などと揶揄されていたボンが、今日では国際的な経済・文化都市に変貌を遂げ、かつてないほどに自信に満ちて、世界に開かれているのです。

ボンが西ドイツの首都であった時代は、決して悪い時代ではありませんでした。今日に至るまで “ボン共和国” は、戦後の復興、そして外交と民主主義の象徴なのです。 「民主主義の道」 ─ ドイツ連邦共和国歴史館をスタートし、かつての政府官庁街で現代史の重要スポットをたどる巡回コースは、そう名付けられています。 パレ・シャウムブルク (旧首相官邸) や旧首相公邸、旧連邦参議院議場のような、ドイツ政治の中枢を担っていた場所は、現在でも見学が可能です。 ドイツ連邦共和国歴史館の常設展では、 “ボン共和国” にスポットライトが当てられています:有名な “アデナウアー首相のベンツ” をはじめとする展示品や各種書類、写真、映画等により、様々な記憶を呼び起こし、戦後期から再統一にいたる出来事を、歴史的・政治的な関連性の中で、具体的に解説しているのです。 ボンは、旧首都としてだけではなく、芸術都市としても広く知られています。 ボン劇場は、世界の注目を集める演出で、目の肥えた観客のファーストアドレスになっていますし、1992年から行われている演劇ビエンナーレも、国際的なフェスティバルとして定着してきました。 ベートーヴェンの都市であるボンは、 “世界的に有名な息子” を偲ぶベートーヴェン音楽祭を開催しており、9月と10月に行われる一連のコンサートでは、古典派音楽の粋というべき作品が演奏されます。 ボンに別種の輝きをもたらしているのが、音楽と花火のスペクタクル “炎のライン Rhein in Flammen®” です。彩りも鮮やかな光が夜空を染め、巨大な爆音が鳴り響く中、華やかなイルミネーションで飾られた船の一団が、ライン川の流れに航跡を残します。

“芸術の首都” としての名声を証明するのが、非常に高い評価を受けている、2つの美術館 ─ ひとつはボン美術館、もうひとつは芸術ホールという略称で広く知られているドイツ連邦共和国芸術展示ホール ─ です。 ボン美術館は、極めて広範囲にわたるドイツ表現主義のコレクションの他に、1945年以降のドイツ現代芸術作品と国際的なグラフィック作品を展示しています。 これに対して芸術ホールは、より高いものを目指しています。ここは、国家の「精神的・文化的な豊かさ」が相応しい形で紹介され、文化と政治における国際的対話が行われるべき場だというのです。 壮大な目標ですが、毎年数百万人にも達する入館者数が、決して実現が不可能ではないことを示しています。 市内には、数百万人とはいかないまでも、数十万人を集めるミュージアムがいくつもあります。たとえばボン・ドイツ博物館は、テクノロジー&サイエンスの傑作100点を、その発明から現在にいたるまで包括的に紹介して、多くの科学ファンを魅了しています。 さらに、アウグスト・マッケ・ハウスや女性博物館、アカデミー美術館、市立博物館にも、たくさんの “固定ファン” がついています。 また、ボンには第一級の野外美術館といった趣があり、公共の場で素晴らしい芸術作品を目にできます。たとえば、ボン大学法学部ファサード (建物正面部分) に描かれたヴィクトル・ヴァザレリの作品、あるいは旧首相府前にあるヘンリー・ムーアの『Two Large Forms』、さらには大学図書館前に置かれたジャン・アルプの『Die Wolkenschale』などが、代表的なものとして挙げられます。 いずれも、 “首都” に相応しい芸術作品といえます。

都市の見どころ

ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーベンは1770年にボンで生まれました:「ウィーンのクラシック音楽の完璧な巨匠」として世界の名声を博したウィーンに若い時に移ったとしても、ボンはベートーベンの才能を心より敬愛しています。 ベートーベンを記念して、ベートーベンの生家で現在博物館となっているベートーベンハウス、隣の「ムーア人の館」のベートーベン・コレクション、ドイツ連邦共和国初期の代表的な建造物ベートーベン・ホール、毎年開催されるべートーベン音楽祭があります:ボンはベートーベンの町です。

ボンの本当のシンボルは、以前の政府官庁街の南にある160ヘクタールの大きな公園です。 市街地全体とほぼ同じ広さで、ボン市民の憩いの行楽地です。 週末になると、とくに夏には、若い人もだれでもここの緑に来て元気に過ごしています。 グリルする場所、スケート公園、冒険遊園地、ビアガーデン、レストラン、運動場があります。 美しい日本庭園やバラ園、ミツバチ小屋も見どころです。 夏季の週末には大きな蚤の市が立ちます。

第二次世界大戦が終わってから今日まで:ドイツ連邦共和国歴史館は、この時代を生き生きと伝えます。

大規模な常設展とテーマを限定した特別展において、政治や経済、社会の歴史が、そして芸術や文化、日常の生活環境などの重要な動向が紹介されるのです。 その際、有名な “アデナウアー首相のベンツ” から初めて外国人労働者に発行された滞在許可証にいたる展示品や文献、写真、映画等が、歴史的・政治的な関連性を具体的に示し、様々な記憶を呼び覚まします。

ボンの公共建物や広場ですばらしい芸術作品を見ることができます:「ボン大学法学部建物正面に描かれたヴィクトル・ヴァザレリの作品、かつての首相府の前のヘンリー・ムーアの彫刻「大きな二つの形」、大聖堂前のエドゥアルド・チリダの「デ・ムジカIV」、大学図書館前のハンス・アルプ作の「雲の杯」。 シュールマン・オフィスビルの外部で一連の 傑作を鑑賞できます:ソカリ・ダグラス・キャンプの「ネプチューンの祭り」、ババク・サエドの「私と鶏-聴く見る」、マヌエル・マルティンの「相互伝達」。

他を表示