ボルクム島:東フリースラント諸島のピュアな島
Borkum Island ©Wirtschaftsbetriebe der Stadt NSHB Borkum

ボルクム島:東フリースラント諸島のピュアな島

一部がニーダーザクセン・ワッデン海国立公園に含まれるボルクム島は、総面積が約31平方キロメートルに達する、東フリースラント諸島7島の中で最大の島です。 海洋性の気候と手つかずの自然が、リゾート客を惹きつけています。

ボルクム島は、ドイツの北西端に位置しており、ドイツ本土から約30キロメートルというのは、日常生活を忘れてリラックスするのに十分な距離といえます。 ここでは、花粉が少なくてヨードを多く含む空気が、健康ツーリズムの人たちに、生気を与えています。 その際、本来のレクリエーションは、ついでに行われることになります。 たとえば、果てしなく続く砂浜を散歩しながら、他に類を見ない自然の中でサイクリングしながら、といった具合です。 この他、体験プール「潮汐ランド」内でもウェルネス療法を受けることができます。 この島では、海の治癒効果を活用するタラソテラピーが、長年にわたって行われてきました。

ボルクム島には、まだ手つかずの自然が残っており、とりわけボルクム岩礁では、アザラシの家族が日差しを浴びながら昼寝をしているのを目にできます。 さらに、蹄鉄のような地形が、様々な生活圏を生み出しているため、島内には560種にも及ぶ、多種多様な植物が自生しています。 たとえば、自然のままの砂丘を通り過ぎると、ボルクム島でしか見られないランが咲く、牧草地や淡水湖沼が現れる、といった具合です。

ボルクム島を訪れると、多彩なレクリエーションや身体に良い空気の他にも、歴史の息吹を感じることになります。 たとえば、古い灯台に上るためには、まずドイツ領北海沿岸地方で最も古い基礎壁を上る必要があります。 さらに、ボルクム島には長い捕鯨の歴史があり、島博物館ディークフスには興味深い展示がなされています。 最新のアトラクションとしては、2011年に海のすぐ傍にロープジャングルジム・パークが設けられています。 ここでは、計60基のロープジャングルジムに登ることができます。 登り切ったご褒美は、北海への素晴らしい眺めです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました