フェール島:潮汐のリズムの中で休暇を
Island of Föhr © Föhr Tourismus GmbH

フェール島:潮汐のリズムの中で休暇を

フェール島は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の北西部に位置する島です。 ダゲビュル突堤からフェール島へ、ハリゲン諸島やきらめくワッデン海の傍を通る、45分間のフェリーの旅を楽しんでいると、すっかり休暇に入った気分になります。

フェリーは、10,000種以上の動植物が生息する、類い稀な生活圏を含むシュレースヴィヒ=ホルシュタイン・ワッデン海国立公園の中を通ります。 ワッデン海の生態系が他に類を見ないものであることから、この国立公園は2009年以来ユネスコ世界遺産になっています。 このあたりでは、潮汐のリズムの中で繰り返される、干潮と満潮を体験できます。 それは、まるで魔法のように風景が一変してしまう、自然のスペクタクルです。

フェール島に到着すると、ヴィークのフェリー港の南側には、全長15キロメートルもの砂浜が広がっています。 まるでウォータースポーツのパラダイスのような場所です。 ちなみにヴィークは、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の北海沿岸部で最も古い海水浴場です。 総面積82.82平方キロメートルのフェール島は、北海のドイツ領で2番目に大きな島であり、島内では様々なリフレッシュやアクティビティ ─ たとえばウェルネスやタラソテラピー、ゴルフ、テニスなど ─ が可能です。 フェール島は、アムルム島ズュルト島が風よけになって守ってくれているような場所にある、緑の島で、実に様々な植物が自生しています。 また、ホテルの他にも、庭に花咲き乱れる、伝統的なフリースラント地方の建物が、長期滞在用の宿泊施設として用意されています。

フリース人の文化や歴史に興味を持ったら、フリース博物館を訪問してみるのもよいでしょう。 この島の西側は、1864年までデンマーク王国に属していました。 一年のハイライトとなるビーケブレネンでも、文化と伝統、そして現代が遭遇します。 これは、島の住民が春を歓迎して、冬を追い払う、古代フリース人以来の伝統行事です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました