フォアポンメルン・ボッデン地域国立公園

フォアポンメルン・ボッデン地域国立公園 ─ 海岸での休暇を好む人が、森を愛する人と出会うところ

フォアポンメルン・ボッデン地域国立公園は、バルト海沿岸部で最大の保護地域です。ダルス=ツィングスト半島からリューゲン島西岸まで、切り立った岸壁や砂丘、砂州、潟等による風景が続き、海岸での休暇を好む人だけでなく、森林を愛する人をも魅了しています。

ドイツ東北部の連邦州メクレンブルク・フォアポンメルンに位置する、フォアポンメルン・ボッデン地域国立公園には、切り立った岸壁や砂丘、砂州、潟などが織りなす、類い稀な風景が広がります。国立公園の名称にある「ボッデン」は、この地方特有の「入り江」を意味しています:バルト海から切り離された、海水と淡水が入り交じる浅い湾で、ボートによる “ボッデン巡り” が可能です。

国立公園内の海岸や森林には、ガイドツアーや個人でのハイキングを通して触れることができます。その際、ツィングスト半島のオスターヴァルトだけでなく、ダルスの森を通り抜ける際にも、 (連続するものとしては) 国立公園で最大規模の森林地帯を体験できます。

オスターヴァルトを貫く道沿いには、プラモルトや小高い砂丘といった、展望に絶好の場所があり、歴史的に重要な意味を持つ塩性草原などを見渡せます。また、多彩な動植物相も魅力です。たとえば、アカシカやイノシシといった、野生の動物を観察できます。そしてフォアポンメルン・ボッデン地域国立公園は、ヨーロッパ最大のツル営巣地であり、国際的にも非常に重要な場所なのです。毎年秋になると約3万羽のツルが飛来し、休暇客に最高の思い出を提供します。

他の見所としては、アーレンスホープの芸術家コロニー、ダルスの灯台と自然館、ヒデンゼー島 ─ 自動車が禁止されている、国立公園内で最大の島 ─ の国立公園ハウス、そして素晴らしい金細工品を所蔵するシュトラールズントの博物館などが挙げられます。さらに、砂丘原野やドルンブッシュの高台も訪れるだけの価値がある場所です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: