観光街道ベルクシュトラーセ
選択

花の海とワイン、魔法の森:観光街道ベルクシュトラーセ

ライン川とマイン川、ネッカー川の間、伝説的なオーデンヴァルトの西端にある魅力的な街道が、全長約80キロメートルのベルクシュトラーセ (山街道) です。うっとりするようなブドウ栽培地帯の中、短いながらも非常に優雅な街道です。

かつて古代人が「ストラータ・モンターナ (山の道)」と呼んだベルクシュトラーセは、北端のダルムシュタットから南端のヴィースロッホまで続いています。 良質のブドウの木が育ち、春には巴旦杏や桜の花が咲いて一面白とピンクに彩られる場所で、ベルクシュトラーセが生の喜びを伝えます。 古の交易・軍用路に沿って、オーデンヴァルトの麓を通る、全長80キロメートルの美しい街道は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。 あたり一帯は伝説に包まれたニーベルンゲンの国で、ルート沿いの山腹や山頂には、城塞と宮殿が防御壁さながらに並んでいます。 丘陵のシルエットは、謎めいた雰囲気で、拒絶しながら招いています。 フランケンシュタイン城をも含む、宮殿の廃墟が多数ある、遠く離れたメルヘンの世界。 そして、輝くばかりのニーベルンゲンの英雄ジークフリートが、流血の最後を遂げた伝説。彼は、オーデンヴァルトの泉で水を飲んでいるときに、背後から殺害されたのです。 観光客は、この地の早く訪れる春と長く続く夏を、そして黄金の秋を愛します。 巴旦杏やモモ、アンズ、桜の香りにひたったり、モクレンやレンギョウの魔法を体験したり、山腹近くの瑞々しい緑の中をハイキングしたり……すでに文豪ゲーテが言っているように、たとえパラダイスといえどもこれより遙かに美しいことはないはずです。 2000年以上も続く文化的地域の中、歴史とハイテクの狭間にあるベルクシュトラーセは、いつでも訪れる価値のある場所ですが、どうゆうわけかまだ穴場のようなところでもあるのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました