ザクセン・ワイン街道
選択

ドレスデン&マイセン周辺地域のワインの魅力 ─ ザクセン・ワイン街道

ピルナからマイセン近郊ディースバー・ゾイスリッツの間に広がる、変化に富んだ文化地域の中、55キロメートルにわたってザクセン・ワイン街道が蛇行しています。エルベ渓谷の太陽の恵み豊かで温暖な気候の中、国際的なエルベ・サイクリングルートやザクセン・ワインハイキングルートと平行して走っている街道です。

ザクセン・ワイン街道に沿ってドイツ最小のブドウ栽培地域を通る旅では、印象的なブドウ畑と建築物が魅力的に結びついています。 このザクセン州でも気候に恵まれた地域では、850年以上も前からブドウが栽培され、300年以上も前から陶磁器が作られてきました。 かつてワインと陶磁器は、銀の発掘と並んで、ザクセン地方に富と名声をもたらしていました。 このルートを旅していると、まずピルナ近郊で最初のブドウの木が現れ、ピルニッツの素晴らしい宮殿の周囲にも、そしてドレスデン・エルベ河畔の宮殿群の下にもブドウ畑が見られます。 ドレスデンからマイセン方向に進んですぐの場所に、次のブドウ畑が見えてきます。ラーデボイルとコスヴィッヒの斜面で、ディースバー・ゾイリッツ周辺のロマンチックなエルベ川ワイン村まで続いています。 地中海風の魅力と素晴らしい風景、心のこもったもてなしが、陽気で楽しい時間を約束します。 外輪蒸気船に乗ってエルベ川を遊覧し、急斜面やブドウ畑を見上げても、同じように楽しめるはずです。 町やロマンチックな村が点在する愛らしい風景は、数々の古き良き時代の遺産によって、その魅力を高めています。新たに漆喰を塗った道具小屋や歓迎しているかような教会塔、そして居心地の良いワイン酒場が、あちらこちらにあるのです! “花束と箒の店 (自家醸造のワインを飲ませる酒場)” では、主人が地元の珍しいワインを、たっぷりとした自慢料理や甘いものと一緒にすすめてくれます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました