アウグスティーナー博物館、フライブルク・イム・ブライスガウ ©Augustinermuseum - Städtische Museen Freiburg (Hans-Peter Vieser)
選択

美しい芸術を縁取る、美しい枠:アウグスティーナー博物館

フライブルクの街と同じくらい古い僧院:フライブルクのアウグスティノ会修道院は、1278年に初めて記録に現れました。

14世紀に造られた内陣天井部の (屋根を支える) 骨組は、大聖堂と並んで、フライブルクで最も古いものです。 18世紀初めに教会が増築され、バロック様式に改装されましたが、早くも1810年には世俗化されてしまいます。 結局1923年にアウグスティーナー博物館が開設され、中世の彫刻や絵画、バロック美術、19世紀の絵画といった、市のコレクションを展示するようになりました。また、グラフィック・アートや応用芸術、日常文化のコレクションも所蔵しています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: