選択

あらゆる面に現れる美:ドイツにおける美術と建築

オールド・マスター (古の巨匠) から新進気鋭まで:ドイツには、何世紀にもわたって蓄積されてきた、美術作品の傑作が存在します。 様々な表現手段による造形芸術に魅了され、それぞれの時代を代表する “記念碑的建造物” を体験してみてください!

トリーア 大聖堂のすぐ横にある大聖堂博物館は、擬古典様式の魅力的な建物の中で、古代から現代に至る芸術品を展示しています。

もっと

1000年以上におよぶマインツ司教領の歴史の中で集められてきた、貴重な美術品が、伝統的な空間に展示されています。

もっと

ヘッセン大公エルンスト・ルートヴィヒは、芸術と手工業の根本的な改革を目指して、ダルムシュタットに芸術家村を建設しました。

もっと

ツヴィンガー宮殿は、ヨーロッパで最も重要な後期バロック建築に数えられる “総合芸術作品” です。 金色の丸屋根を戴く「王冠の門」は、ドレスデンの象徴のひとつに数えられています。

もっと

カールスルーエ州立美術館は、 カールスルーエ 市街地の中心部で、美術史を辿る旅へと招きます。

もっと

ライプツィヒ のグラッシィ工芸美術館は、新たな常設展における3番目のセクションを、2012年3月にオープンしました。

もっと

この博物館は、 アウクスブルク や (その周辺地域である) バイエリッシュ・シュヴァーベン地方のユダヤ人コミュニティの歴史を紹介し、宗教的・文化的な品々を展示しています。

もっと

フランクフルト・アム・マインのモダンアート美術館 (MMK) は、世界屈指の現代美術館に数えられており、その比較的短い歴史にもかかわらず、国際的なミュージアム・シーンで確固たる地位を占めています。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: