選択

あらゆる面に現れる美:ドイツにおける美術と建築

オールド・マスター (古の巨匠) から新進気鋭まで:ドイツには、何世紀にもわたって蓄積されてきた、美術作品の傑作が存在します。 様々な表現手段による造形芸術に魅了され、それぞれの時代を代表する “記念碑的建造物” を体験してみてください!

カールスルーエ州立美術館は、 カールスルーエ 市街地の中心部で、美術史を辿る旅へと招きます。

もっと

ライプツィヒ のグラッシィ工芸美術館は、新たな常設展における3番目のセクションを、2012年3月にオープンしました。

もっと

この博物館は、 アウクスブルク や (その周辺地域である) バイエリッシュ・シュヴァーベン地方のユダヤ人コミュニティの歴史を紹介し、宗教的・文化的な品々を展示しています。

もっと

フランクフルト・アム・マインのモダンアート美術館 (MMK) は、世界屈指の現代美術館に数えられており、その比較的短い歴史にもかかわらず、国際的なミュージアム・シーンで確固たる地位を占めています。

もっと

エアフルト の旧シナゴーグ (1100年頃) は、1990年代に再発見されました。地下室から屋根まで残っている、中央ヨーロッパ最古のシナゴーグ (ユダヤ教の会堂) です。

もっと

ピナコテーク・デア・モデルネは、4つのコレクション ─ 近代美術コレクションとミュンヘン国立グラフィック・コレクション、ミュンヘン工科大学建築博物館、新コレクション ─ の集合体であると同時に、一大ミュージアム・エリアの一部にもなっています:

もっと

2007年12月にケムニッツ美術館の「グンツェンハウザー美術館」がオープンし、有数の個人コレクションが常設展として一般公開されることになりました。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました