どこも音楽と文化の香り:バイロイト
バイロイト ©DZT/Bayerische Verwaltung der Staatlichen Schlösser, Gärten und Seen (Ernst Wrba)
都市を選択

どこも音楽と文化の香り:バイロイト

バイロイトは伝統的に創造的精神の持ち主の町、芸術と創造性の町であり、特別なものが日常となっている町です。 世界的なイベントはリヒャルト・ワーグナー音楽祭だけではありません:音楽祭カレンダーにはさまざまな分野の芸術が見られます。 バイロイトを訪れるゲストが必ず期待するもの:最高レベル。

バイロイトの文化を作り上げた四人の人物がいます-今日でもそのことは当てはまります:数々のりっぱなバロック様式の建造物を建てた辺境伯妃ヴィルヘルミーネ、詩人で作家のジャン・パウル、不滅の名作をここで書いたリヒャルト・ワーグナー、そして音楽史最初のポップスターで全欧州を熱狂の渦に巻き込んだピアニストのフランツ・リストです。

オペラハウスから祝祭劇場:バイロイトとワーグナー

欧州で現存するもっとも美しいバロック様式劇場で,1871年までドイツでもっとも大きい劇場であった辺境伯オペラハウスが、長い間バイロイトの文化の中心でした。 辺境伯妃のヴィルヘルミーネの命により、ボローニャの建築士ジュゼッペ・ガリ・ビビエナと息子のカルロが劇場を建築し、当時自分の作品を上演する劇場を捜していたワーグナーを感嘆させました。 ワーグナーの要望をすべて満たしていたわけでなかったのですが、彼はバイロイトに居を移し、1872年に自分の祝祭劇場を建てさせました。 大きなイベントの予告があります:2013年はワーグナーの生誕200年に当たり、 バイロイトはいつもとは違う注目を集めることになります。 リングは新しい演出で上演され、祭り広場のパブリック・ビューイングには大勢の人が集まり、8回のコンサートは音楽に造詣の深い多数のファンをバイロイトに引き寄せることでしょう。 その中にはバイロイトでは不断滅多にお目にかかれない音楽ファンも多く訪れことでしょう:コンサートのひとつにフィンランドのヘビーメタルのロックグループ・アポカリプティカの出演が予定されています。

博物館の青い煙、終わりなき祝祭

タバコがお好きな方にもバイロイトは興味尽きない町です-バイロイト美術館にはブリティッシュ・アメリカン・タバコのタバコの歴史収集品が展示されています。 町の歴史的中心街にある旧市庁舎が修復され、新しいバイロイト美術館となりました;さまざまな寄贈品のなかから毎年数回の特別展示が催され、20世紀のプリントに重点を置いています 。 バイロイト祝祭のプログラムの重点を決めることは容易ではありません:クラシック、ジャズ、ポップ、シンガーソングライター、バレエ、映画:プログラムは膨大です。 その他にもすばらしい博物館、宮殿、公園があり、少し余分に時間を取っておきましょう。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました