デュースブルク
都市を選択

デュースブルク-ルール地方が始まり終わるところ

近郊電車に少し乗るだけの距離ですが、まったく別の世界に来たようです:モダンなオフィスビルが町を照らす南のデュッセルドルフから鉄を溶かす高炉がきらきら光に包まれるデュースブルクへ。 数十年間は少なくともそんな光景でしたが、イメージは今日もそのままです。 しかし既成観念がいつも正しいとは限らないことは、デュースブルクでも同じ:デュースブルクにはいろいろなものがあり、映画ファンが絶賛する町です。

市街にはすばらしいムードが漂い軽やかさがあります。 ケーニッヒ通りはゆったりとしていて散策にショッピングに最適で、大物芸術家ニキ・ド・サンファルとアンドレ・フォルテンの陽気な噴水彫刻が立っています。 そのそばのケーニッヒ・ハインリッヒ広場、劇場の古典様式の列柱の正面玄関、反対側の古いりっぱな州裁判所のところには、現代風のシティパレが周囲と調和して立ち、市庁舎のところには、有名なデュースブルク市民の世界的測量技師で神学者で数学者のゲアハルト・メルカトール像の噴水があります。

ルール地方が時代の変革を機会として捉えたように、デュースブルクもこれを契機に文化都市として名を売りました。 ハイライトは、「デュースブルク・ミュージアム4」、デュースブルク劇場、ドイツオペラ・アム・ライン、デュースブルク交響楽団で、デュースブルガー・アクツェンテ文化祭とトラウムツァイト音楽祭といったフェスティバルも国際的名声を築き上げました。 デュースブルクには見る物が沢山ありますが、映画の世界には特別な物があります:フィルムフォールムは最初の地方自治体の非営利映画館で、映画芸術の珠玉です。 その中には1902年に作製されたジョルジュ・メリエスの「月世界旅行」やセルゲイ・アイゼンシュタインの傑作「戦艦ポチョムキン」、ルミエール兄弟の作品、それに60,000点余りの映画ポスターと写真があります。 デュースブルク映画週間はドイツ語ドキュメンタリーフィルムの重要な映画祭で、アム・デルプラッツ映画館が会場となります。 さらにデュースブルク・ノルト景観公園の溶鉱炉の前で行われるシュタットヴェルケ夏の映画には、毎年30,000人の観客が集まります。 映画が終了すると、世界的な光のアーチストであるジョナサン・パーク演出により、製鉄所が魔法にかかったような光の海になるイルミネーションがあります。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました