エアランゲン
都市を選択

辺境伯の新しい故郷:エアランゲン

エアランゲンはニュルンベルクフュルトとともにフランケン地方にある三都市ですが、芸術史文化史の面で匹敵するでしょうか。 エアランゲンは都市計画では少し特別なところがあり、ずいぶん昔になりますが、ユグノー教徒の入植がこの町の特徴となりました。

成功した避難民政策:エアランゲンとユグノー教徒
すこし振り返ってみると:三十年戦争の後、エアランゲンの町はほぼ人が住んでいない状態でした。 新教ユグノー教徒に信仰の自由を保証するナントの勅令をフランス王ルイ十四世が廃止したときの1685年になって、事情が変わりました。 これが何千人というユグノー避難民のきっかけとなり、辺境伯クリスティアン・エルンストはこれを利用するすべを心得ていました:辺境伯は経済を再び活気づけるためにユグノーにエアランゲン居住権を与えました。 最初のユグノーがエアランゲンに着いたのは 1686年5月17日で、その後何回か受け入れが続きました。 すぐに全員を受け入れるにはエアランゲンは小さすぎ、新たな移住地が必要なことが判明しました。 新たな場所として町の南の地域が選ばれ、上級建築士ヨハン・モーリッツが、7,500世帯の家屋に加えて工場、教会、二つの広場があるバロック風の計画都市を造りました。 すべて四角で、本通りを中心に厳格に左右対称となる設計。

建設は 1686年7月14日にユグノー教会から始まり、この教会は今日まで貴重な見どころとなっています。 1700年に辺境伯宮殿と大きな公園を造る決定が下されました。 1706年の大火は元の旧市街全体を焼き払いました-これは新市街のバロック計画を旧市街に広げ、早い時代に都市計画全体構想を実現する機会となりました。

バロックの美。 美しいサプライズ。
バロック様式はさらに多くのものを残し、たとえば1718年の辺境伯劇場は南ドイツでもっとも古い範となるバロック劇場です。 芸術宮殿エアランゲンは、収集品をマルクト広場にあるバロック様式の宮殿シュトゥッターハイムで展示しています。 もうひとつのエアランゲンの美術館は、新しくできたエアランゲン・アーケードに隣接したレーヴェニッヒシェ宮殿内にあります。 旧市庁舎内にある史博物館も見応えがあり、なかでも前史原史と古代古典の展示物が見どころです。 よく見るとエアランゲンには驚くほど多くの見どころ-かなりのサプライズがあります。 フィルムフェスティバル、ダンスイベント、漫画見本市、詩人祭りなどは有名です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました