シュトゥットガルト
都市を選択

シュトゥットガルト:文化と自動車が見事に結びついている都市。

自動車の運転が好きな人。 あるいは、自動車に憧れを抱いている人。 そのような人たちにとって、シュトゥットガルトは考えられる最高の場所です。というのも、ここは自動車発祥の地というだけでなく、自動車の歴史が他にはないほど生き生きと息づいているからです。心に抱いている “自動車への想い” は、シュトゥットガルトを訪れる度に、リアリティを持つようになります。

自動車にはたくさんの “親” がいますが、故郷と呼べるのはここだけです。 ゴットリープ・ダイムラーとヴィルヘルム・マイバッハが、温室を改造した工場 ─ 現在は多くの人が訪れる記念館 ─ で、回転速度が高くて軽量なガソリンエンジンを考案した日に、シュトゥットガルトは “自動車の故郷” になりました。 それは1885年のことで、以来シュトゥットガルトの星は、自動車世界の天空に光り輝いています。 この星が特に明るく照らしているのは、もちろんメルセデス・ベンツ博物館 ─ 自動車産業の歴史を黎明期から今日まで紹介している世界で唯一の博物館 ─ です。 近未来的な設計による建物は、外観からしてインパクトのあるものですが、中に入ると160台の展示車両が純粋な感動をもたらします。 さらに、近郊の町フェルバッハのクラシック・センターにも、メルセデス・ベンツ300SL (ガルウィング・モデル) のような古典的名車を含む、様々なクラシックカーが陳列されています。 クラシックカーといえばポルシェも有名です:ポルシェ博物館では、スポーツカーのレジェンドたちを前に、たくさんの人が瞳を輝かせています。 特にオールドタイマーを好むなら、文化財保護指定を受けている旧州立空港マイレンヴェルクが、V8ホテルと共に、コレクションカーやそのケア、美しいアクセサリー類のために、広大なスペースを提供しています。 さらに、毎年3月の「レトロ・クラシックス」 ─ おそらくドイツで最も美しい自動車見本市 ─ には、クラシックカーの愛好家たちが世界中から集まりますし、ルートヴィヒスブルク宮殿の前で開催されるオールドタイマー・ミーティング「レトロ・クラシック・ミーツ・バロック」は、全く異質な2つの文化を魅力的な形で結びつけるものです。

再び現代に目を向けると、ジンデルフィンゲンのメルセデス・ベンツ工場では、最新自動車工場の “バックステージ” を広範囲にわたって見学できます ─ 見ているうちに、忘れかけていた憧れが目覚めるかも知れません。 とはいえ、シュトゥットガルトが自動車だけの都市ではないことに、すぐに気がつくはずです。 周囲にドイツ最大級のワイン生産地が広がる、素晴らしいロケーションが、シュトゥットガルト市民にもうひとつの情熱をもたらしています ─ 極上の食事と飲料です。 街角のブラッスリーから世界的に有名な高級レストランにいたる、シュトゥットガルトのガストロノミーが、シュペッツレ (名産ヌードル) やシュペートブルグンダー (仏語名ピノ・ノワール) 種の赤ワインなどを交えた、類い稀なグルメ体験を約束します。さらに、有名なカンシュタット祭りをはじめとする大小の祭りが、一緒に祝って、心からのもてなしを受け、生きる喜びを共に感じるよう誘います。 ちなみに、食べ歩きに出かけるなら、宮殿広場が絶好の待ち合わせ場所になります。シュトゥットガルトの新宮殿ほど自然に、景観の一部となっている宮殿は、おそらく他の都市には存在しないでしょう。 昼の間に、隣接するシュトゥットガルト美術館で古典的近代や現代芸術のコレクションに感激したり、旧宮殿で石器時代から現代に至る歴史を頭に刻み込んだら、リラックスしてハイクオリティな夜を堪能する権利があるというものです。 シュトゥットガルトは、舞台芸術においても最高のレベルにあります。シュトゥットガルト州立劇場は、バレエと演劇、オペラの3部門を包括する世界最大の劇場であり、そのいずれもが数十年来国際的な名声を博しています。 さらに、市内の大規模オーケストラやジャズクラブ、そしてSIセンター・シュトゥットガルトのミュージカルなどが、素晴らしい音楽イベントを提供します。 ケーニヒ通りやカルヴァー通りはワールドクラスのショッピング街ですが、シュトゥットガルトで最も人気があるレジャー施設ヴィルヘルマのためにも時間を割いてください。ヨーロッパで最も美しい動植物園に数えられるヴィルヘルマは、8,000種類もの動物を擁する、世界で最も種類の多い動物園のひとつでもあります。ただし、シュトゥットガルトとはいえ、さすがにここは自動車の乗り入れが禁止されています。

Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

What travellers from around the world are saying

Mercedes-Benz Museum

Perfect afternoon: A trip to the Mercedes Benz Museum

Hop on the S1 from Stuttgart Hauptbahnhof and 2 stops later thou arrive at the superb museum of automotive giants: Mercedes Benz. Even if you are not a automobile junkie, the Mercedes Museum is a fascinating drive through 125 years of automotive history intertwined with all the key historical events that have marked the evolution of the world’s great car. The museum has curated a great gallery of pictures of key events that have shaped the history of the world that mark the evolution of the car that includes poignant memories like people having a picnic by the autobahn in the 60’s or the empty autobahns of the winter of 1973 when due to oil shortages , a car free Sunday ( 5 of them) was imposed- the images haunt you for hours after you have left the museum. Then there are the stars of the show to say hello to- from Gottlieb Daimler’s motorized carriage, the world’s first 4 wheeled auto mobile to the ‘Gullwing’, the dream car of the 1950’s- the 300 SL Coupe to the machine that set the standard for racing cars: the Mercedes Benz W196 2.5 litre that then world champion, Juan Manuel Fangio powered to victory in the 1954 Formula One race in Reims Combined with the stunning architecture, the Mercedes Benz Museum is a great afternoon for people of all ages and definitely a must-see when visiting Germany.

続きを読む »

europebudgetguide@gmail.com