巨石文化街道
選択

巨石文化街道:石と化した時代の証人を訪ねて

巨石文化街道は、印象的で文化史上重要な33の場所 ─ ヴェーザー=エムス地方の巨石墳墓70以上を含む ─ を結ぶ、全長330キロメートルのルートです。

石器時代の農民たちは、死者のために漂石で印象的な墓 ─ 巨石墳墓 ─ を造りました。 考古学では、これら記念碑的建造物を「巨石記念物」と呼んでいます。 巨石記念物を訪ねる “考古学的な体験旅行” は、先史時代への魅力溢れる旅になります。これら石造りのモニュメントは、5000年も前に建造されたもので、エジプトのプラミッドより幾分古くさえあるのです。 北ドイツにおける巨石遺構の、秘密に満ちた面を知りたい人は、この観光街道上で独自に遺跡調査を行うことができます。たとえばエムス川とヴェーザー川に挟まれた場所、オスナブリュックとオルデンブルクの間には、神話や伝説に包まれた多数の巨石記念物が、アマチュア考古学者に “発見” されるのを待っているのです。 この街道では、謎に満ちた “石器時代の証人” について、いろいろ価値のあることを学べます。たとえば、その精緻な建造方法、神秘的な死者崇拝と来世信仰、そして「千年以上も前にこの地に住んでいた人々の、今日に至るまでほとんど知られていない日常生活」、さらには「国境を越えて広がる、この古い文化形態の広範な理解に役立つ、比較的新しい時代の謎の変容」などです。 気分転換には、巨石墳墓に関する神話の他に、クロッペンブルク博物館村、セーゲルのクレメンスヴェルト宮殿、カルクリーゼのファルス戦跡といった、文化的な見どころがあります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました