ヴァイカースハイム宮殿
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

ヴァイカースハイム宮殿。 以前同様の愛らしい美しさ。

ロマンチック街道のハイライトのひとつに数えられているのがヴァイカースハイム宮殿です。 この宮殿は、ホーエンローエ家の居城であり、地方宮殿の傑作とされています。

16 世紀に伯爵ヴォルフガング2世が、遺産としてヴァイカースハイムを相続し、ここに居住地を定めました。 伯爵の下、水城だった建物は、壮麗なルネッサンス宮殿へと発展していきます。 豪華な部屋は、今日まで内装が完全な状態に保たれています。 1600年頃に造られた「騎士の間」は、18 世紀に追加された羽目板絵画や大シャンデリアに至るまで、オリジナルのままになっています。 侯爵夫人エリーザベト・フリーデリケ・ゾフィーの「謁見の間」は、その素晴らしい内装により「美しい部屋」とも呼ばれています。 1710年には、バロック様式による内装と宮殿庭園が完成しました。 宮殿庭園は、軸対象の構成や様々な彫像により、今日なおバロック造園の典型例とされています。 かつて宮殿の厨房だった場所では、今日は錬金術に関する常展が行われており、 ホーエンローエ伯ヴォルフガング2世とその錬金術研究室について知ることができます。 オランジェリー ─ 1723年に建造された、2翼式のアーケード風建築物 ─ は、全長が100メートル近くもあり、宮殿庭園と自然とを結びつけています。 ヴァイカースハイム宮殿庭園は、様々な種類の彫像で有名です。 四季や四大要素、4つの風、ヘラクレス噴水を取り囲む惑星神、古代の神々の他に、小人の廷臣が庭園世界の住民となっているのです。 エクスカーション 1192年建造のヴェルトハイム城は、 バーデン・ビュルテンベルク州で最古の城趾に数えられています。 この城から、町や周辺地域への息をのむような眺望を堪能できます。 13世紀に建造された、メッセルハウゼン修道院/宮殿は、 もともとはホーエンローエ公の城の厩として使用されていました。 1932年以降はアウグスティノ修道会がこの建物を所有しています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました