Fruits of a horticultural passion: baroque gardens in Lower Saxony and North Rhine-Westphalia

In the 17th century, Sophie of Hannover devoted herself passionately to garden design. The fruit of her talents can be seen today in the Royal Gardens at Herrenhausen, which she based on the House of Orange's magnificent baroque gardens.

コルヴェイ宮殿

ヴェストファーレン地方東部のヴェーザーベルクラント地域にある、かつてベネディクト会修道院だった建物は、カロリング朝時代を代表する修道院に数えられています。また、1860年以降詩人のホフマン・フォン・ファーラースレーベンが司書として働いていた、この地方で最も価値のある図書室を備えています。

ノルトキルヒェン宮殿&宮殿庭園

ノルトキルヒェンの宮殿と庭園を訪れて感銘を受けた人は、その規模の大きさとバロック様式の造りから、しばしば「ヴェストファーレンのベルサイユ」と呼びます。 この水城は、18 世紀にミュンスターの司教領主フリードリヒ・クリスティアン・フォン・プレッテンベルクの依頼を受けた、J. C. シュラウンによって建造されました。

クレーフェェの庭園

ニーダーライン地方北部の田園地帯にある、バロック様式の庭園は、17 世紀に造園家ヤコブ・フォン・カンペンによって設計されたものです。 注目に値するものとしては、シュテルンベルク ─ ここから12本の並木道が放射線状に出ています ─ の小規模な動物園の他に、シュプリングベルクの野外円形劇場が挙げられます。

ヘレンハウゼン王宮庭園は、ヨーロッパで最も美しい庭園のひとつに数えられています。 この素晴らしい庭園の発案者である選帝侯妃ゾフィー・フォン・ハノーファーは、郊外にある夏の離宮ヘレンハウゼンを、オラニエ家の壮大なバロック庭園をモデルに造りかえようとしました。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました