ケルン
都市を選択

ケルン:生きる喜びに満ち溢れる場所。

もし、生きる喜びや祝う楽しみを司る遺伝子が存在するなら、ケルンっ子たちはたくさん受け継いでいるに違いありません。 というのもケルンは、心に響くもの ─ たとえば、人生を基本的にポジティブなものとして捉えるスタイルやフィーリングなど ─ を大事にしているからです。 その中には、カーニバルやケルシュ (ケルンの伝統的ローカルビール) 、そしてもちろんケルン大聖堂が含まれます。

「ケレ・アラーフ」の声が響くと、ケルンの市街地はカーニバルやファステルオーヴェントといった名前で呼ばれる “非常事態期間” に突入します。 そして「灰の水曜日」前の一週間などは、「完全に混乱して分別を失った」という表現でもまだ足りないような状態になるのです。 カーニバルは、もちろんケルンでも11月11日の11時11分に始まり、他の都市と同じように「灰の水曜日」で終わります。 とはいえ、他の場所のカーニバルと共通しているのは、それぐらいなものです。とりわけ最後の週に、街中が “ストリート・カーニバル” の舞台と化すと、誰もが「ケルンのカーニバルは特別だ」と感じるはずです。 ちなみに、アルター・マルクトやホイマルクトのあたりに多い、昔風で居心地の良いクナイペ (ドイツ風居酒屋) 、あるいは旧市街に点在する大型ビアホールでは、ケルン特有の “生きる喜び” に一年中ふれることができます。 これらの店では、ケルンの “国民的酒” であるケルシュが樽から注がれて、ライン地方の郷土料理がテーブルに並べられ、「この都市は一年中カーニバルなのではないか」と思わせるほどの、陽気な雰囲気に包まれます。 さまざまなケルシュの銘柄があり、味もそれぞれ個性があり、もちろんいずれも自社醸造されています。 ケーベスと呼ばれる給仕たちは、店内の喧噪から一定の距離を保ち、自らの原則を守ります。ある種のぶっきらぼうさが、真のケーべスのトレードマークなのです。 ケルンの “生きる喜び” を、わずかにしろ妨げている唯一のものが、ライン川の下流約30キロメートルの場所にあるデュッセルドルフです。この幾分洗練された “妹” の存在は、どうもケルンっ子たちには目障りに映っているようなのです。

週末になると、地元の人間も旅行者も、若者も学生も、市内に無数あるディスコやクラブ、バー、レストラン、ラウンジに繰り出します。人気のエリアは、 (パリの学生街に因んだ) カルチェ・ラタンやフリーゼン界隈、ベルギッシェス地区、ズュートシュタットなどで、以前は工業地区だったエーレンフェルトも最近この中に含まれるようになりました。 よく嬉しい驚きとなるのが値段です。ケルンは、この規模の大都会としては、比較的物価が安いのです。 ケルンには、カーニバルやクナイペ、ビアホールを別にしても、いろいろ自慢できるものがあります。たとえば、活気のあるアート&ミュージック・シーンもそのひとつです。1,700席を擁する市内最大の劇場ミュージカル・ドーム・ケルンは、スペクタクルな舞台で知られていますし、ドイツ最大のゲイ&レズビアン・イベントであるクリストファー・ストリート・デイなども開催されています。 ちなみに、1.FCケルンのホームゲームもまたイベントといえますが、いつもファンの (時に過大な) 期待に応えるのは少々難しいようです……。

一方、常に期待を満たしてくれるのが市内のミュージアム、中でもピカソやウォーホル、リキテンシュタインの作品があるルートヴィヒ博物館です。 他にも、ケルン2000年の歴史を紹介するローマ・ゲルマン博物館、中世から19世紀までの美術品を展示しているヴァルラフ・リヒャルツ美術館、そしてスイーツファンに人気のチョコレート博物館などがあります。 ケルンのフィーリングを満喫した後で「少々休憩を」という人には:市内最大にして最も美しい公園に数えられるライン公園が、ライン川右岸 ─ ケルンっ子に言わせれば「間違った側」 ─ にあり、ロープウェイでライン川を越えて行けます。 さらに、もう少し時間の余裕があるなら:ケルン・トライアングルのビジター展望台では、地上100メートルの高みから、ケルンの旧市街や大聖堂への素晴らしい眺望 ─ おそらく市内で最高の眺め ─ を楽しめます。 良く晴れた日には、デュッセルドルフまで見渡せるかも知れません ─ ただし、見えたとしてもケルンの友人には言わないでください。

Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました