生物圏保護区 ─ 人間と自然の調和

ある “ミッション” を持つ、魅力的な風景地:15か所の生物圏保護区は、いずれも人間と自然による、調和のとれた共生を目指すものです。 人里離れた高原牧草地や伝統豊かな村落を訪ねたり、のどかなブドウ畑や美しい果樹園を歩いて、このハーモニーを体験してください。 そして、自然と一体になってください。

シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州の西海岸に広がるワッデン海国立公園は、1990年にユネスコ生物圏保護区に登録されました。そして2005年には、有人のハリヒ5島が、移行地域として追加されています。

もっと

最終氷期の氷河が1万年から1万5千年前に溶けて、典型的な “氷河による地形” である、変化に富んだ土地が生まれました。

もっと

リューゲン島の東南部では、長大な砂浜や深い入り江、切り立った岸壁、塩性草原、ブナ林といった、多彩な海岸風景が観光客を待ち受けています。

もっと

ベルリン から南東へ100キロメートルほどの場所には、中央ヨーロッパでは珍しい風景が広がります ─ シュプレーヴァルト (シュプレーの森) は、数百年も人間の影響を受けながら、広範囲にわたって自然が残る低湿地帯です。

もっと

シュヴェービッシェ・アルプと周辺地域では、印象的な自然の美や伝統から生まれた文化財、地形上の特徴、そして歴史的な観光名所が、人々を待ち受けています。

もっと

稜線部で縦走やスキーツアー、気軽なハイキングやスポーツライクなノルディックウォーキング、文化、保養&ウェルネス休暇、ガイド案内……テューリンゲンの森では、本当にいろいろなことを体験できます。

もっと

ユネスコ生物圏保護区オーバーラウジッツ原野・池沼地域は、 ザクセン州 で唯一の生物圏保護区であり、ドイツ最大の池沼地域に数えられます。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: