• 0
The Nahe wine region, Rotenfels

ワイン生産地域ナーエ:本物の宝石

ドイツの南西部にあるワインの土地ナーエの特徴は、柔和な緑の風光、ロマンチックな川の渓谷、奇岩です。温暖な気候によりブドウは早く成熟し、心地よい酸味を作ります。ワインの村、古城、ローテンフェルスやトロルバッハ渓谷といった美しい自然は130Kmの ナーエ・ワイン街道で見ることができます。この地方を代表する「完璧な高貴な一品」:イダ・オーバーシュタイン産の宝石で装飾したデザイナーボトルに詰められた美味なリースリングワインです。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト

ズーンヴァルト・シュタイク (シュタイクは「細い山道」の意) は、ラインラント・プファルツ州西部、ナーエ河畔のキルンからビンゲン・アム・ラインまでのルートです。ここでは、手つかずの自然と静寂を見いだすことができます。

おすすめ

ケルト人の集落アルトブルク
アルトブルクは、ケルト=トレウェリー族が紀元前300~50年頃に建設した高地集落です。一連の防御施設の東端に位置しています。 土地の調査がなされた後、建物が復元されました。 この村は、人が住んでいる「生きた博物館」でもあります。

コース概要:

起点: キルン Kirn のマルクト広場 Marktplatz
終点: ビンゲン・アム・ライン Bingen am Rhein
距離: 83 km
ステージ数: 6
標高差 (近似値): キルン・ビンゲン間:上り 2,950 m、下り 3,050 m
路面状況: 90%自然道、5%アスファルト舗装道、5%その他 (砂利道など)

中世から現在までのブドウ栽培に関して バート・ゾーベルン アン・デア・ ナーエの町の野外博物館ほど分かりやすく見せてくれるところは他にありません。ナイチンゲール谷に1973年に創設された博物館は、広さ35ヘクタールで、毎年6万人のビジターがあり、 ラインラント・プファルツ州ではこの種の施設としては最大です。ブドウ栽培業者の日常を住居や作業建物、博物館所有のブドウ畑を見ながら肌で知ることができます。

今日素晴らしいリースリンブ種ブドウが育っているこの地は、かつて銅鉱石が採掘されていた場所です:シュロス・ベッケルハイム銅鉱山ブドウ畑は1901年まで本物の銅鉱山でした。1901年、プロイセンはブドウ栽培国有農場ニーダーハウゼンを創設し、ナーエ川のグート・ヘルマンスベルク(大農場)の土地を購入しました。二年後に最初のリースリングのブドウ苗を植えることができました。

僧院は ヒルデガルト・フォン・ビンゲンで有名ですが、 ナーエ 川畔にあるオーデルンハイムのディジボーデンベルクには、ドイツ最古のブドウというとても古いブドウ栽培の歴史もあります。ディジボーデンベルク山の南斜面にローマ時代のブドウがあるという証拠があり、11世紀以来僧院のぶどう園は間断なくなくブドウを栽培してきました。

他を表示