• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

ケルン:生きる喜びに満ち溢れる場所。

もし、生きる喜びや祝う楽しみを司る遺伝子が存在するなら、ケルンっ子たちはたくさん受け継いでいるに違いありません。 というのもケルンは、心に響くもの ─ たとえば、人生を基本的にポジティブなものとして捉えるスタイルやフィーリングなど ─ を大事にしているからです。 その中には、カーニバルやケルシュ (ケルンの伝統的ローカルビール) 、そしてもちろんケルン大聖堂が含まれます。

「ケレ・アラーフ」の声が響くと、ケルンの市街地はカーニバルやファステルオーヴェントといった名前で呼ばれる “非常事態期間” に突入します。 そして「灰の水曜日」前の一週間などは、「完全に混乱して分別を失った」という表現でもまだ足りないような状態になるのです。 カーニバルは、もちろんケルンでも11月11日の11時11分に始まり、他の都市と同じように「灰の水曜日」で終わります。 とはいえ、他の場所のカーニバルと共通しているのは、それぐらいなものです。とりわけ最後の週に、街中が “ストリート・カーニバル” の舞台と化すと、誰もが「ケルンのカーニバルは特別だ」と感じるはずです。 ちなみに、アルター・マルクトやホイマルクトのあたりに多い、昔風で居心地の良いクナイペ (ドイツ風居酒屋) 、あるいは旧市街に点在する大型ビアホールでは、ケルン特有の “生きる喜び” に一年中ふれることができます。 これらの店では、ケルンの “国民的酒” であるケルシュが樽から注がれて、ライン地方の郷土料理がテーブルに並べられ、「この都市は一年中カーニバルなのではないか」と思わせるほどの、陽気な雰囲気に包まれます。 さまざまなケルシュの銘柄があり、味もそれぞれ個性があり、もちろんいずれも自社醸造されています。 ケーベスと呼ばれる給仕たちは、店内の喧噪から一定の距離を保ち、自らの原則を守ります。ある種のぶっきらぼうさが、真のケーべスのトレードマークなのです。 ケルンの “生きる喜び” を、わずかにしろ妨げている唯一のものが、ライン川の下流約30キロメートルの場所にあるデュッセルドルフです。この幾分洗練された “妹” の存在は、どうもケルンっ子たちには目障りに映っているようなのです。

週末になると、地元の人間も旅行者も、若者も学生も、市内に無数あるディスコやクラブ、バー、レストラン、ラウンジに繰り出します。人気のエリアは、 (パリの学生街に因んだ) カルチェ・ラタンやフリーゼン界隈、ベルギッシェス地区、ズュートシュタットなどで、以前は工業地区だったエーレンフェルトも最近この中に含まれるようになりました。 よく嬉しい驚きとなるのが値段です。ケルンは、この規模の大都会としては、比較的物価が安いのです。 ケルンには、カーニバルやクナイペ、ビアホールを別にしても、いろいろ自慢できるものがあります。たとえば、活気のあるアート&ミュージック・シーンもそのひとつです。1,700席を擁する市内最大の劇場ミュージカル・ドーム・ケルンは、スペクタクルな舞台で知られていますし、ドイツ最大のゲイ&レズビアン・イベントであるクリストファー・ストリート・デイなども開催されています。 ちなみに、1.FCケルンのホームゲームもまたイベントといえますが、いつもファンの (時に過大な) 期待に応えるのは少々難しいようです……。

一方、常に期待を満たしてくれるのが市内のミュージアム、中でもピカソやウォーホル、リキテンシュタインの作品があるルートヴィヒ博物館です。 他にも、ケルン2000年の歴史を紹介するローマ・ゲルマン博物館、中世から19世紀までの美術品を展示しているヴァルラフ・リヒャルツ美術館、そしてスイーツファンに人気のチョコレート博物館などがあります。 ケルンのフィーリングを満喫した後で「少々休憩を」という人には:市内最大にして最も美しい公園に数えられるライン公園が、ライン川右岸 ─ ケルンっ子に言わせれば「間違った側」 ─ にあり、ロープウェイでライン川を越えて行けます。 さらに、もう少し時間の余裕があるなら:ケルン・トライアングルのビジター展望台では、地上100メートルの高みから、ケルンの旧市街や大聖堂への素晴らしい眺望 ─ おそらく市内で最高の眺め ─ を楽しめます。 良く晴れた日には、デュッセルドルフまで見渡せるかも知れません ─ ただし、見えたとしてもケルンの友人には言わないでください。

都市の見どころ

ケルン市民はみな旅行から帰って大聖堂の塔を見ると感動する、と言われています。 大聖堂はケルンの象徴、世界最大の教会のひとつ、ドイツの観光名所ナンバーワン:年に六百万の人がこのユネスコ世界遺産を見にケルンに来ます。 ゴシック様式大聖堂の高さは157.38メートルあり、欧州で第二番目に高い教会塔で、東方三博士の聖櫃が置かれています。 2007年にゲアハルト・リヒター製作のステンドグラスが完成し、大聖堂の新たな見どころとなりました。 たったの4ユーロの入場料で片方の塔に上ることができ、階段は大変ですがすばらしい眺望にその苦労は報われます。 もっと読む

ケルンがドイツのカーニバルの首都であるのは訳あってのことです。 「第五の季節」でケルンの人々はめちゃくちゃに楽しみ、意見の違いは意味がなく、いっしょに祝い飲みます。 クライマックスはバラの月曜日。 いわゆる集会セッションはいつも11月 11日11時11分に始まります。 女性のカーニバルの日から町は非常事態となり、勤務先はほぼ麻痺し、狂ったカーニバル時期の最高代表者である王子と農夫と乙女が、町を治めます。

傑出した美術品を見たい方には-購入したい方にも-アート・ケルン国際美術見本は正しい選択です。 現代美術の国際見本市は、ヨーロッパと海外における美術品ビジネスの潜在力を高いレベルで映し出しています。 約200の国際的な画廊が、絵画、彫刻、インスタレーション、ビデオ、写真、ワーク・オン・ペーパー、出版、グラフィックを出品します。 並はずれたプレゼンテーションの規模のオープン・スペース、新たなタレント育成のためのニュー・ポジションズ、若い画廊のためのニュー・コンテンポラリーズといったプログラムが、このアート世界見本市を補完し魅力になっています。

2000点余りの展示品があるチョコレート博物館は、スイーツ・ファンにはたまらないところです。

ここでは、チョコレートの文化史をたどる、3000年の旅に案内してくれます。 博物館の先端部には、ハイライトのひとつに数えられる製造エリアがあり、 板チョコやトリュフ、チョコ人形などの製造手順を、2フロアにわたって見学できます。 はやくも (入口からすぐの) ホワイエに、液体状の温かいチョコレートが流れ出る、高さ3メートルのチョコレート噴水が現れます:ここでは、誰でもワッフルを浸して食べることができます。 チョコレートを見るだけでなく、香りを嗅いだり、味わったり、感じることができる博物館なのです。

他を表示