• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ハンブルク:異国への憧れを誘う、世界的な港湾都市。

ハンブルク:異国への憧れを誘う、世界的な港湾都市。

「世界を広く見聞して、ハンブルクに戻る」というのは、考えられる最高の旅行計画ではないでしょうか。 世界への玄関、美しい港町、北ドイツ沿岸部の大都市 ─ 普段は控えめなハンザ市民たちも、故郷の街やその雰囲気、国際的な香りへの誇りを隠すのは、少々難しいようです。

まず港巡りをして、次に旧市街を散策、それからハンブルクの新市街地ハーフェンシティに向かいましょうか? それとも、逆の順番で? 長い伝統だけでなく近代的な側面もある、ハンザ同盟都市&商業都市ハンブルクの魅力には、いろいろなルートでふれることができます。 ひとつ確かなのは、ハンブルク観光を満喫するためには、港巡りが欠かせないということです。 桟橋から遊覧船に乗り込み、巨大なコンテナ船や堂々たる遠洋蒸気船、エレガントなヨットの間を縫うように、ヨーロッパ最大級の港湾を巡るのは、忘れがたい体験になることでしょう。 それから旧市街をゆっくり散策すれば、いろいろ識ることができます。旧市街は、やり手の商人たちがコーヒーや紅茶、香辛料などの取引をしていた場所であり、17世紀から19世紀にかけての見事なオフィス&住宅ビルが並ぶ通りでは、昔ながらのレストランやクナイペ (ドイツ風居酒屋) が休憩に誘っています。 いかにもハンブルクらしい場所なのが、1か所にまとまったものとしては世界最大とされる、歴史的な倉庫街です。何千本ものオーク材の支柱を基に、赤煉瓦を用いた擬古典様式で建てられ、細い水路が引き込まれています。 一方、ハンブルクの現在と未来は、ヨーロッパ最大級の市街地再開発プロジェクトによって生まれた、ハーフェンシティ (英語:ハーバーシティ) で目にできます。 ここでは、港町としての伝統と現代建築とがコントラストをなしており、あたかも海外寄港地にいるような気分になります。倉庫街との間には、海洋体験ワールドさながらの雰囲気が広がり、ハンブルク・クルーズ・センターから伸びる大通りには、多数のショップが並んでいます。

ここに来ても船旅に出たいと思わないようなら、海には全く縁のない人に違いありません。 普通は、大きく美しいクルーズ船の出入港を眺めていると、誰もが広い世界への憧れを持つものだからです。 ちなみにハンブルクっ子は、ここを非公式の母港としているクイーン・メリー2に、特別な愛着を抱いているようです。 堂々たるオーシャン・ライナー (遠洋定期船) が到着すると、エルベ河畔に陣取った数千の見物人たちが祝います ─ 例外なく喜びに沸き、しばしば花火が打ち上げられます。

クルーズ・センターのビューポイント、壮麗な邸宅や第一級のレストランが並ぶエルベ河畔の “真珠海岸” 、そしてマゼラン・テラスには、港を一望できる素晴らしい眺めが開けていますし、ハンブルクの新たなランドマークとなるエルプハーモニー ─ ハーフェンシティ西端部に建設中 ─ も目にできます。 さらに、近未来的なドックランド ─ 高さ40メートルで展望テラスを備える、エルベ河畔のオフィスビル ─ でも、港湾都市の雰囲気をインテンシブに体験できます。 雰囲気が少々異なるのが、賑やかで幾分退廃的&風変わりなところがあるザンクト・パウリ地区とその歓楽街レーパーバーン、そして勿論アルトナ地区のフィッシュマルクト (魚市場) です。フィッシュマルクトでは、毎日曜日のまだ暗いうちに、新鮮な魚介類が競りにかけられます。 ハンブルクでのショッピングには、誰もが満足できるはずです。 たとえば、内アルスター湖近くのユングフェルンシュティーク界隈は、市内でも洗練されたショッピング&金融街です。 このような市中心部でも、美しい湖岸プロムナードに沿って散歩を楽しめますし、ハンザ都市ハンブルクのレジャー&レクリエーション地区になっている外アルスター湖畔なら尚更のことです。 「ハンブルクっ子は、いくら水があっても足りないんじゃないか」と考えたとしたら、それはそれでハンブルクを正確に理解したことになるのかも知れません。

都市の見どころ

展示場ダイヒトーア・ハレンとバウムヴァル通りの間の自由港にある百年の歴史をもつ倉庫街は、まとまった倉庫街としては世界最大です。 他の世界の港にはない心安らぐ港町の景色を見ることができます:産業革命当時に建てられたヴィルヘルム王朝風レンガ造りゴシック様式の建屋に一風変わった切妻屋根、小さな塔、曲がりくねった小路。 厚い壁の中は温度調整され、コーヒー、茶、カカオ、香辛料、タバコ、今日ではコンピューター、絨毯、といった高価な品々が収まっています:ここは世界最大のオリエンタル絨毯の倉庫です。 倉庫街は、港めぐりツアーのメインスポットの一つです。

ハンス・アルバースが歌う「レーパーバーンで夜一時半...」という歌は、ほとんどのドイツ人が知っていますが、楽しいナイトライフならザンクト・パウリは今もまず一番に挙げられます:ここには ないものはないのです。 その昔百メートルの船の係留綱、ドイツ語でレーペ、を巻いた通りに沿って、沢山のパブやバー、居酒屋、ディスコ、カフェ、クラブ、スナックが軒を連ね、赤い灯の館もあります。 堅実な娯楽をお求めの人には、オペレッタ劇場からシュミット劇場やシュミット・チボリ、さらにカフェ・ケーゼ、クヴァッチ・コメディ・クラブまで豊富なエンターテインメントがあり、楽しい夜となります。

エルベ川岸に立つ七階建てのオフィスビルは、ハンブルクにあるユニークな建物のひとつです。 並行四辺形の形をしたビルは、東から西へ傾むき、船首のように40m海に突き出ています。 そのためにエルベ川の砂嘴に盛り土をしました。 ビルの東側の屋外階段から七階の一般用の展望台に行き、そこから息をのむようなエルベ川とハンブルクの眺望が得られます。 各階に止まる斜めに上る二台のエレベーターもユニークです。

他を表示