• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
イェナ:歴史とハイテクで知られる、ザーレ渓谷の美しい都市。

イェナ:歴史とハイテクで知られる、ザーレ渓谷の美しい都市。

ショットグラスやカール・ツァイスといった企業で有名なイェナは、産業・文化の伝統と研究、イノベーション、学術活動が魅力的に結びついた都市です。 このような特徴は、研究所や教育機関だけでなく、美しい旧市街 ─ 歴史が豊かで居心地の良い場所 ─ のクナイペ (ドイツ風居酒屋) でも感じられます。

光とガラスとレンズ:イェナは19世紀後半に、カール・ツァイスとオットー・ショット、エルンスト・アッベの3人のおかげで、ドイツ屈指の工業都市に発展しました。 彼らを中心とする産学協同が、世界的に有名なツァイス製品やショットグラスを生み出し、イェナに科学都市という “第2の基盤” をもたらしたのです。市内にあるミュージアムの数々が、このような歴史を今に伝えています。 ショットグラス博物館と光学博物館 ─ カール・ツァイスとエルンスト・アッベの生涯と業績に捧げられた博物館 ─ が代表格となっているのも納得がいくはずです。 さらに、アルテ・ゲーレという建物にある市立博物館やクンストホーフ イエナ(美術ギャラリー) といった、文学・芸術史に関するミュージアムも興味深いものです。 イェナの都市景観においては、偉大な人物と関わりのある、記念碑的な建造物が特徴になっています。 その中には、1926年にオープンしたツァイス・プラネタリウムやイェンタワーが含まれます。望遠鏡のような形をしたイェンタワーは、今日に至るまで市内で最も高いビルであり、新連邦州 (旧東ドイツ) 内でも2番目の高さを誇ります。

実用主義的に完成年で呼ばれている、3棟の高層ビル ─ ドイツ初の高層ビルであるバウ (建物) 15とバウ36、バウ59 ─ も、市中心部で際立つ存在です。 ザーレ渓谷という素晴らしいロケーション、そして周囲に連なる貝殻石灰岩の山々も、イェナへの旅を特別な体験にしています。 ゲーテもそう感じていたようで、しばしば好んでイェナを訪れ、結局5年間この都市で過ごしました。 その倍の年月をこの地で暮らしたのがフリードリヒ・シラーです。 シラー小路のシラー記念館 (元々はガーデンハウス) は、たくさんの文学ファンが訪れる “聖地” であり、庭にはシラーとゲーテがよく一緒に座った楕円形の石テーブルが残っています。 手入れの行き届いた旧市街の通りには、今も昔も学生風で文学的な “くだけた雰囲気” が漂っています。もちろん現在は、シックなカフェや美味しいレストラン、小綺麗なショップもありますが……。 そして旧市街では、イェナの「七不思議」のいくつかを今日なお目にできます。ひとつは市庁舎の天文時計、もうひとつは頭が7つある恐ろしい竜 “ドラコ” (1600年頃) で、これは大学の試験委員会を象徴したものと考えられています。

都市の見どころ

ショットグラス博物館は、オットー・ショットが1884年に「ガラス技術研究室」を開設した場所で、その製造と技術の歴史を紹介しています。

オリジナルの展示品や画像・映像が、ショットグラスの技術革新の世界へと誘っているのです。 著名な科学者にして実業家だったショットの邸宅では、彼の波乱に富んだ生涯が紹介されています。 黎明期から東ドイツ時代、ドイツ再統一、そして国際的テクノロジー・コンツェルンへの発展に至る、企業の歴史に関する展示も行われています。

ツァイス・プラネタリウムは、1926年にオープンした、世界最古のプラネタリウムです。 直径25メートルのドームは、ドイツ最大の規模を誇ります。

大人にも子供にもおすすめの天文学&一般教養プログラムから、ミュージカルや子供向けイベント、スペクタクルなマルチメディア・レーザーショーまで、レパートリーも多彩です。 2006年10月には、レーザー全天周投影機が設置されました。 以来ツァイス・プラネタリウムは、ドーム全体に天体ショーを投影できる、世界に2つしかないプラネタリウムのひとつです。

イェナの町の中央に立つ町の象徴となっている望遠鏡のような円筒形の建て物は、カール・ツァイス・イェナの研究所としてDDRのスター建築家ヘルマン・ヘンゼルマンが設計しました。 1999/2001年の再開発まで、このタワーをイェナ大学が使用していました。 高さ128mのビルは新連邦州ではもっとも高い建造物のひとつです。 タワーのレストラン・スカラから町の教会塔や広場、さらにイェナ貝殻石灰岩山のすばらしいパノラマが楽しめます。

他を表示
イベント

Quality over quantity: this is the unwritten law that determines which artists are invited to perform at Jena's annual Cultural Arena festival. Performers will be participating in a programme of contrasts, ushered in by a four-day theatre spectacular. This is then followed by a string of films, concerts, Sunday bills for children and various specials, in a line-up that is as unconventional as it is entertaining.

The origins of the Cultural Arena stem from a huge misunderstanding: in 1987, when Jena was still part of East Germany, the town council decided to demolish the theatre's auditorium in the hope of a newer, better building. But nothing happened – meaning that Jena was left with a semi-ruin with an open space in front of it, instead of a theatre. In 1991, however, a theatre team blessed with equal amounts of idealism and optimism began working in the ruins once more. They planted the seed of what subsequently grew into Jena's new theatre and the Cultural Arena. For more than 20 years now, enthusiastic audiences and exceptional artists have come together in the Cultural Arena to celebrate a special festival of the arts. The event, now a seven-week-long open air festival in the centre of Thuringia's second biggest city, is no longer an insider's tip, and the Arena has long been a fixture in Jena and far beyond. Headliners such as Patti Smith, Götz Alsmann, Ute Lemper, Lou Reed, John Cale, Nigel Kennedy, Einstürzende Neubauten, Element of Crime, Nina Hagen and Wir sind Helden draw crowds of up to 70,000 people each year. When you look at it like this, tearing down the theatre all those years ago was not such a bad decision after all.

開催予定:

05.07.2019 - 25.08.2019

開催地

Theatervorplatz
Engelplatz
07743 Jena

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す