• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
カッセル:総合芸術作品とメルヘンの都市。

カッセル:総合芸術作品とメルヘンの都市。

ドクメンタで現代芸術シーンの中心的な存在になったカッセルは、グリム兄弟の遺産もあり、ドイツで最も刺激的な文化都市のひとつと評されています。 また、伝統と革新が繰り返し結びつけられてきた場所であり、さらにはヨーロッパで最も美しい公園に数えられるヴィルヘルムスヘーエやヘラクレス像といった類い稀なシンボルを有しています。

昔々……2人の兄弟があり、長年カッセルで暮らしながら、『子供たちと家庭の童話』 ─ 『グリム童話』として有名 ─ や『ドイツ語文法』といった不朽の名作を著しました。 この兄弟は、非常に有名な存在だったので、今日のカッセルでも彼らに因んだものを目にできます。たとえば、グリム兄弟博物館や記念フェスティバル、会議、展覧会などです。 言語学者や法政史研究者、民主活動家としても後世に名を残した、ヴィルヘルムとヤーコブのグリム兄弟は、200年前に童話集の第1巻を刊行しました。 2013年にはドイツ観光局の重点テーマとして、グリム兄弟が ─ (挿絵を描いた) 末弟の画家ルートヴィヒ・エーミール・グリムを含めて ─ カッセルでスポットライトを浴びます。 童話とグリム兄弟の生涯に捧げられた、全長600キロメートルのドイツ・メルヘン街道で、カッセルが重要拠点になっているのは当然のことなのです。

グリム兄弟の遺産を守り続けるのは、過去を忘れないことを意味しますが、カッセルでは時代の最先端を定期的に紹介するイベントも行われています。それが、現代芸術に関するものとしては世界で最も重要な展示会であると同時に、トップレベルのイベントであり、国際芸術取引におけるトレンドショーでもあるドクメンタです。 ドクメンタは、1955年からフリデリチアヌムで開催されており、1992年の第9回からはドクメンタ・ホールが会場に加えられています。 入場者数は、第1回から右肩上がりに増え続け、2012年には86万人に達しました。 入場者の中にブラッド・ピットのような有名人が含まれていたことから、次回も入場者数が増えるものと期待されています。 ちなみに次回のドクメンタは、2017年6月10日から9月17日までの開催と ─ 長期的な計画が必要な人のことも考えて ─ すでに決まっています。

屋外に展示される作品もまた、ドクメンタの重要な構成要素です。 ヨーゼフ・ボイスの『都市緑化、7,000本の樫の木プロジェクト』、フルダ川岸に突き刺さったクレス・オルデンバーグの巨大な『つるはし』、1992年の第9回ドクメンタにジョナサン・ボロフスキーが立てた『空に向かって歩く男』といったセンセーショナルな野外作品は、今日では都市景観の一部となっています。 巨大芸術作品 ─ あるいは一種のランドマーク ─ を取り囲む都市景観においては、戦後に再建されたものより、その後の新しい建物の方が印象的で、これらが過去の遺産を根本から破壊したと考える人もいます。 しかしながら今日の市民たちは、1950年代の建物の多くに誇りを感じており、その中にはだいぶ前に文化財保護指定を受けた、トレッペン通りの建築アンサンブルも含まれます。 もっとも、過去数十年間には市街地の再開発が進められ、近代的な建物やパブリックアート、伝統にとらわれないスペースデザインなどにより、街の魅力が飛躍的に高められました。 加えてカッセルは、ドイツで最も伝統豊かな演劇都市に数えられます。はやくも1605年には、カッセルにドイツ初の常設劇場オットネウムが建設され、そこから現在の州立劇場が生まれました。 そしてカッセルのミュージアムの中には、見事なレンブラント・コレクションを擁するヴィルヘルムスヘーエ宮殿の他にも、賞賛に値するものがあります。たとえば、過去2世紀の芸術作品を展示する新絵画館、有名なスケッチ画 “ゲーテの象” が見られる自然科学博物館 (オットネウム内) 、天文学や時間測定、測地学、数学、物理学といった神秘的な世界を紹介する天文物理展示室などです。 ヘラクレス像が立つヴィルヘルムスヘーエ公園は、総面積240ヘクタールにも達するイギリス風景式庭園です。丘陵に造られたものとしてはヨーロッパ最大規模の公園であり、自然と建築、ランドスケープアーキテクチャーによる総合芸術作品といった趣があります。 もっとも、ヴィルヘルムスヘーエに限らず、カッセルそのものが総合芸術作品なのかも知れませんが……。

都市の見どころ

多くの人にとって理解し難いけれど、別の人には特別な芸術作品、そのような作品を展示する勇気あるドクメンタにより、カッセルは注目を浴びました。 「100日間の美術館」であるドクメンタは、5年ごとに開かれる驚きと議論と体験の美術展です。 1992年開催の第9回ドクメンタで、初めてドクメンタ独自の展示館ができました。 マルチ機能を備えるホールには、展示面積1,400平米と隣接利用面積700平米があります。 建築家ジュールダンとミュラー設計のドクメンタホールは、ドクメンタ期間以外には展示会やコングレスに利用されています。

英国風景庭園の様式で造られた広さ240ヘクタールの山の公園ヴィルヘルムスヘーエは、ヨーロッパ最大の山の公園で、文化と自然と造園芸術を完璧に相互に結びつけた独特のアンサンブルです。 水はカスケード、シュタインヘーファー滝、悪魔の橋を流れ、送水橋から宮殿池にある最後の大噴水へと下り、水は自然の圧力で52メートルの高さに吹き上げられます。 日が暮れてヘラクレス像からヴィルヘルムスヘーエ宮殿への道が照明されたとき、水のアートはとくに感動的です。 もっと読む

ヤーコブ・グリム (1785-1863) とヴィルヘルム・グリム (1786-1859) の兄弟は、ドイツ文化史における最も重要な人物に数えられていますし、メルヘンの収集により世界的な名声を博しています。

言語学や文学、法学、歴史学、神話学、さらには政治活動における、彼らの功績は極めて大きなものでした。 1959年に設立された博物館には、グリム兄弟の生涯と業績に関する、記録と文献が展示されています。 展示では、彼らの人生における重要な時期が、学問上の成果や政治的な活動との関連で紹介されています。

ドイツ・メルヘン街道は、ハーナウからカッセルを通ってブレーメンまで、メルヘンとグリム兄弟の足跡を結ぶ600kmのルートです。 メルヘン街道沿いの町村では、コンサートや演劇があり、古城や宮殿で文化と歴史に触れることができます。 各地の祭りは伝説や童話を思い起こさせ、土地の人々と楽しく一緒に祝えます。 街道に沿って人形劇や野外劇、メルヘンウィークがあり、一年を通じて変化のある旅ができます。 ここでは多分車のことは一時忘れて、メルヘンのような自然に触れるためにハイキングとかサイクリングしてみることをおすすめします。

他を表示
イベント

Scandal and triumph, protest and passion, provocation and experiment – here they're all brought together. documenta is the world's most important series of contemporary art exhibitions, a mirror of society and a showcase for the global art world. It happens every five years and always lasts 100 days.

At each documenta in recent years, more than 150 artists from around 50 countries, and visitors from all over the world, have explored the many different aspects of contemporary art. Exhibitions have encompassed sculpture, performance, installation, painting, photography, film and video, text and audio works, as well as objects and experiments from politics, literature, philosophy and science, offering plenty of scope for stances, visions and discussions. That's just how it was at the first documenta in 1955, when Arnold Bode, the Kassel artist and designer, sent out a signal of renewal by displaying works by artists who had been exiled and banned as 'degenerates' until 1945.

Some of the most spectacular are now integral parts of the townscape, for instance the 7000 Oaks project by Joseph Beuys, Claes Oldenburg's giant pickaxe and Jonathan Borofsky's Man Walking to the Sky, which was installed for documenta 9 in 1992. It's worth a trip to Kassel simply to see one of these great works of art.

開催予定:

18.06.2022 - 25.09.2022

から 12:29 まで 12:29

開催地

documenta
Sophienstraße 21
34117 Kassel

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す