• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
キール:バルト海の玄関口になっている港湾都市。

キール:バルト海の玄関口になっている港湾都市。

シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州の州都キールは、長い間造船や海軍基地の町として知られていましたが、今日では学生たちの活気と落ち着いたライフスタイル、都会的な雰囲気が特徴になっています。 キール峡湾に面した素晴らしいロケーションにある、明るく広々とした市街地で、さらにはデーニッシェ通り ─ 泡末会社乱立時代の建物が並ぶ目抜き通り ─ で、沿岸都市ならではの魅力を満喫できます。

市街地まで海が迫るキールでは、水が重要な要素になっています。 細長いキール峡湾でも、港でも、大型クレーンが林立するヨーロッパ最大級の造船所でも……この都市では、至る所で海を感じたり、目にしたり、ふれたりできるのです。 これまで幾多の航海を経てきた練習帆船にして、国際的な帆船イベントの人気者でもあるゴルヒ・フォック号が、スカンジナビア埠頭の巨大フェリーと同様に、都市景観の一部になっています。 中央駅からわずか数分の場所まで、北へと続く水路が設けられており、市中心部からも近い客船ターミナルのバルト海埠頭では、エレガントなクルーズ船が心に残る航海を約束しています。 さらに、毎年開催される国際的なヨット・フェスティバルのキール週間が、この都市が北ドイツ沿岸部において中心的な存在であることを、印象的な形で主張しています。 キールの繁栄は、デンマーク領からプロイセン領になった1864年に始まり、第二次世界大戦で街が破壊されるまで続きました。 立ち直るまで長い時間がかかりましたが、現在では広々として近代的な、全く新しい市街地が形成されています。 もっとも、それらの全てが現在の趣味に合っているとは言えないため、かつての市中心部を再現するプロジェクトが1990年代に始まりました。たとえば、歴史的なエッガーシュテット通りが元に戻され、アルター・マルクトが模様替えされています。 伝統的な目抜き通りであるデーニッシェ通り、ドイツ最古の歩行者天国に数えられるホルステン通りなどと共に、市街地は再び本来の魅力に溢れ、キールらしい落ち着いたライフスタイルを体現しています。

ヨットファンにとってのキール週間に相当するのが、文化を愛する人にとってのシュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭 ─ 世界最大規模のクラシック音楽フェスティバル ─ です。 この北ヨーロッパ屈指のイベントにおいて、キールは中心的な開催地になっています:キール宮殿や峡湾、オペラハウス、さらにはホーヴァルト造船所までが、国際的なスターたちに壮大な舞台を提供しているのです。 さらに、キール劇場やキール低地ドイツ語劇場、ポーランド語劇場、学生劇場が、活気のある演劇シーンを創り出していますし、ザルトリ埠頭の航海博物館やコンピューター博物館、機械博物館、キール美術館といったミュージアムも国際的なレベルにあります。たとえばキール美術館は、6世紀にわたる1,000点の絵画と200体の彫像、40,000点のグラフィック作品、そして19世紀に開設された古典古代部門を有しています。 そして市立博物館は、19~20世紀の都市&文化史をテーマとする特別展により、常に恵まれていたとは言えないキールの歴史を、掘り下げて紹介しており、一見の価値があります。ちなみに、この博物館が入っているヴァールレーベルガー・ホーフは、17世紀初頭に建てられた、現存する最古の貴族邸宅です。 キールにとって幸運だったのは、北海バルト海運河 (通称キール運河) の建設でしょう。この結果、世界で最も通行量の多い人工水路によって、北海沿岸都市と接続されることになったのです。 運河と平行して走る舗装道は、歩行者や自転車に開放されており、様々な船舶を横目に見ながら、遠足やレストラン巡りなどに利用できます。 特別なのは、運河の対岸へ渡るためのフェリーが、無料で利用できる点です。 キール特産のスプラット (ニシンの一種) は、無料でこそありませんが、手頃な値段で味わえます。 頭や骨まで食べられますから、魚が好きな人は是非試してみてください。 そして「キールのスプラット」が、キール生まれの人や長年の定住者を意味することがあると聞けば、この小さな魚がどれほどキールで愛されているか分かるはずです。

都市の見どころ

北海バルト海運河は北海とバルト海をつなぐ運河で、世界でもっとも交通の多い人工的船舶用運河です。 長さ100km弱の運河は、バルト海のキーラーフィヨルドから北海のエルベ川河口まで、(link zu Bundesländer -> Schleswig-Holstein)シュレースヴィッヒ・ホルシュタイン州(/link)を横断します。 大きな船が蜃気楼のように現れ、牧場の真ん中を走っているようで驚いてしまいます。 サイクリング路は常に運河沿いか、その近くを走り、数キロごとに休憩所や見晴らしポイントが設けられています。 この辺りの景色は平らで遠くまで見渡せます:運河に沿って走るサイクリングはすばらしい体験です。

キールから数キロのところにバルト海情報センターがあり、バルト海がどのようにしてできたか、そこにどのような動植物が生息しているか、何がバルト海にとって危険か、海を守るためにどのような努力がなされているか、といったことについて分かりやすく、身近な説明をしています。 さらに漁業に関する興味深い情報があります。 感触水槽と海水水族館でバルト海の海面下の世界を知ることができ、海の鳥がその生息圏とともに紹介されています。

バルト海埠頭、スエーデン埠頭、ノルウェイ埠頭のモダンなターミナルのあるキールは、ドイツの重要なクルーズ船停泊港となっています。 毎年140隻以上の夢のクルーズ船がキール港に入港し、30万人余りの旅客がキール港で乗降します。 すべてのヨーロッパの船会社はバルト海クルーズの船のスタートかゴールにキールを使用しています:ノルウェーやスエーデンのスカンジナビア、あるいはリトアニアへ、あるいはキールから行けるところであればどこでも。 キールにもう少し時間を取れるとき:おすすめは夢の旅客船をウォッチできるフェリー港です。

キールウィークは、毎年6月に開催されるヨット競技で、19世紀末より キールで実施されています。 キールウィークは、世界最大のヨットスポーツイベントというだけでなく、町の大きな祭りでもあります。 市の中心部は自動車をシャットアウトして祭り広場と変貌し、1,000以上のイベントに世界中から人が集まります。 野外コンサート、小舞台芸術、演劇の他に、世界中のご馳走も味わうことができます。 キールウィークの中心はもちろんヨットスポーツです-世界のベストのヨットマンがここに集結します。

他を表示