• 0
マジック・シティーズの都市を選択
フランクフルト:真・善・美の博物館。

フランクフルト:真・善・美の博物館。

そもそもフランクフルトは、極めて近代的な都市です。 ビジネスや建築、さらにはヨーロッパで3番目の規模を誇る空港も最先端にあります。 もしかすると、だからこそフランクフルトは、種類も構成も規模も異なるミュージアムに、特別な愛情を育んできたのかも知れません。 もっとも、ここでも「いつも少し時代に先行しながらも伝統を守る」というモットーを守っているようです。

フランクフルトといえば、まずビッグ・ビジネスやブローカー、銀行、証券取引所を連想するかも知れません。 確かにその通りですが、決してそれだけではありません。 というのもフランクフルトは、他に類を見ないほどミュージアムが充実している都市だからです。 とりわけマイン川南岸の博物館河岸に集中しており、中でもシュテーデル美術館は特筆に値します。 フランクフルトのミュージアム・シーンの中心的存在になっている、ドイツ屈指の美術館であり、9世紀にわたるヨーロッパ芸術の傑作が展示されています。 最近増設された地下展示室では、ヨーゼフ・ボイスやゲルハルト・リヒターといった巨匠たちの作品を含む、1945年以降のコレクションを目にできます。 その少し東側には、映画博物館と建築博物館 ─ 建物自体が革新的で型破りな作品です ─ が並んでいます。 さらに進むと応用工芸博物館 (MAK) があり、アメリカ人建築家リチャード・マイヤーによる印象的な建物の中では、千年に及ぶ工芸品の歴史が紹介されています。 マイン川の対岸とはいえ、徒歩で数分の距離にある2つの美術館 ─ ハンス・ホラインの設計によるモダンアート美術館 (MMK) とドイツ&ヨーロッパ屈指の美術展会場として定着してきたシルン美術館 ─ も、訪れるだけの価値があるはずです。 大聖堂の周りにはギャラリーが集まっており、 (美術館のものと比べると) 少々価値が劣り、しばしば主流から外れているものの、洗練された作品が並んでいます。 さらには、地下鉄さえも “芸術の場” と化しています。たとえば大聖堂/レーマー駅では、芸術と建築、デザインのインターフェースとなるプロジェクト「グレンツラント」の作品を目にできます。

12世紀に始まり1945年以降に再生した、ユダヤ人の文化や歴史は、しばしば想像の範囲を超えるものです。 ロートシルト (ロスチャイルド) 邸内の歴史的空間に開設されたユダヤ博物館とユダヤ小路の別館 (ユダヤ人街記念館) では、リアルで感動的な展示が行われています。 またフランクフルトは、18世紀の市内に足跡を残した “偉大なる息子” ヨハン・ヴォルフガンク・フォン・ゲーテの名前と分かちがたく結びついています。 生家のゲーテハウスは有名ですが、幾分世俗的なところでは、文豪がよく半リットル入りのピッチャーでアップルワインを注文していたとされる、マイン河岸のロマンチックなガーデンパブ “ゲルバーミューレ” があります。 ゲルバーミューレの客の中には、フランクフルトで医者をしていたハインリヒ・ホフマンもいたに違いありません。ホフマンは、今では児童文学の古典となっている、『もじゃもじゃペーター』の作者です。 フランクフルト市では、上品なヴェストエント地区の古くて美しい邸宅に、ホフマンにちなんだ博物館を開設し、『もじゃもじゃペーター』の挿絵や珍本、翻訳、パロディ等を展示しています。 ホフマンの本が気に入ったら、「カリカトゥーラ」 ─ ドイツ的ナンセンスの粋を集めた諷刺画博物館 ─ も訪ねてみるべきでしょう。 F・W・ベルンシュタインやロベルト・ゲルンハート、クロートヴィヒ・ポート、ハンス・トラクスラー、F・K・ヴェヒター、ベルント・プファールなどの風刺画家たちが、様々な種類の笑いを提供しています。

これらと比べると、あまり面白みはないものの、その分リアリティに溢れているのが、銀行などの高層ビルです。これら高層ビルは、ヨーロッパで最も印象的なものとされる、スカイラインを形成しています。 とはいえ、ここにも世界レベルの芸術が存在しているのです。ドイツ銀行やコメルツ銀行、DZ銀行などには、どんな美術館にとっても魅力的なコレクションがあり、時間限定で一般公開されています。 芸術作品を展示する銀行ビル ─ もし、フランクフルトならではのものをひとつだけ挙げるとすれば、これで決まりかも知れません。

都市の見どころ

空を突く未来建築の銀行高層ビルは、フランクフルトのシティの標識です。 中央駅界隈、見本市、旧オペラの間の地区は、上に向かって止まることを知らないフランクフルトの銀行エリアです。 60年代に建てられたボッケンハイマー・ラントシュトラーセにある二つの高層ビルは、フランクフルトに「マインハッタン」という異名を与えた超高層ビル群の間で、首をすくめているようです。 古典的なビルとなってしまったのは、、「貸し方と借り方」を象徴している二つのタワーのあるドイツ銀行のビルと、ポストモダンの代表作とであるメッセタワーの建物です。

ザクセンハウゼン地区のマイン川の岸辺、鉄の橋アイゼルネ・シュティークとフリーデンス橋の間に博物館河岸があり、13のまったく異なる有名な博物館美術館が並ぶフランクフルトの芸術文化大通りとなり、ドイツとヨーロッパの最重要博物館地区です。 ハイライトとして建物自体が見どころとなっている美術工芸博物館、フィルム博物館、民族学博物館が挙げられます。 博物館河岸は8月最終週末に行われる博物館河岸祭りと、春にあるミュージアム・ナイトの舞台となります。

フランクフルトのユダヤ博物館は、1812年から1824年にかけて建てられたロートシルト・パレ館の歴史的な部屋にあります。 ユダヤ小路にある博物館別館とともに、フランクフルトにおけるユダヤ人社会を12世紀初頭から フランクフルトのゲットーの終わりとナチスの犯罪、そして1945年以降のユダヤ人社会の社会統合と新たな出発まで展示しています。 ユダヤ人の日用品と宗教儀式用品が、ユダヤ教会シナゴーグや家庭、個人と社会の生活における日常と文化を具体的に紹介しています。

他を表示
イベント

The Schirn building itself is a bit like a modern art work in the heart of Frankfurt's old quarter, a light, angular design contrasting with the grand, red sandstone cathedral and the Römer, the old town hall. This art gallery lies in the heart of the city – and is an important focal point in Frankfurt's cultural life. It is also one of the most celebrated galleries in Germany and in Europe.

Schirn is the Hessian word for a structure such as a hut or a shed, but this belies its significance in the world of art. Since opening in 1986, the Schirn has staged some 200 exhibitions. It has no collection of its own but organises temporary exhibitions and projects on selected themes or the work of individual artists. The themed exhibitions have made most notable contribution to the gallery's international reputation, for instance Viennese art nouveau, Expressionism, Dadaism and Surrealism, the history of photography and subjects such as 'shopping – art and consumerism', and the visual art of the Stalin era. Major retrospectives have honoured artists such as Wassily Kandinsky, Marc Chagall, Alberto Giacometti, Frida Kahlo, Bill Viola, Arnold Schoenberg, Henri Matisse and Julian Schnabel.

Taking a stance on topical themes and aspects of artistic creation can be said to be the Schirn's hallmark. It aims not only to engage visitors in a meaningful exhibition experience but also to encourage active participation in the cultural discussion.

開催予定:

26.09.2019 - 12.01.2020

26.09.2019 - 12.01.2020

11.10.2019 - 12.01.2020

11.10.2019 - 12.01.2020

13.02.2020 - 24.05.2020

開催地

Schirn Kunsthalle
Bendergasse
60311 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。
This meeting point for international media is a major cultural event. The publishing and media sector is innovative, varied and international like nowhere else. This year, Norway is the guest of honour.

開催予定:

16.10.2019 - 20.10.2019

開催地

Centre de conférence à Francfort-sur-le-Main
Ludwig-Erhard-Anlage 1
60327 Frankfurt

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

The Städel Museum in Frankfurt, also known as the Städel Institute of Art and Municipal Gallery, is one of the leading art museums in Germany. It was founded in 1816 by the great patron of the arts from Frankfurt Johann Friedrich Städel and the collection has been housed in its current location since 1878. The Städel Museum is one of the main attractions along Frankfurt's 'museum embankment'. The breadth and wealth of museums and galleries overlooking the banks of the Main here are unique in Germany.

With over 2,900 paintings and around 100,000 drawings and prints, the collection gives a comprehensive insight into more than 700 years of European art history – from the Middle Ages, the Renaissance, the baroque era and Classical Modernism right through to the present day. Among the highlights are works by Lucas Cranach, Albrecht Dürer, Sandro Botticelli, Rembrandt, Jan Vermeer, Claude Monet, Pablo Picasso, Ernst Ludwig Kirchner and Max Beckmann. The collection also includes works by prominent post-1945 artists such as Francis Bacon, Georg Baselitz, Jörg Immendorff, Martin Kippenberger, Anselm Kiefer, Gerhard Richter and Sigmar Polke. Worthy of special mention are Andy Warhol's screen-print series 'Goethe', a donation by the artist to the Städel Museum, and 'Goethe in the Campagna' by Johann Heinrich Wilhelm Tischbein. Since 1976 the fascinating sculpture garden has displayed mainly contemporary works, including pieces by Joseph Beuys, Ulrich Rückriem, Richard Serra, Anthony Caro, George Rickey and David Smith.

開催予定:

26.06.2019 - 13.10.2019

23.10.2019 - 16.02.2020

13.11.2019 - 06.02.2020

開催地

Städel Museum
Dürerstraße 2
60596 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す