• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ミュンヘン:様々なスタイルが生活に取り込まれているところ。

ミュンヘン:様々なスタイルが生活に取り込まれているところ。

それをライフスタイルと呼ぶか生活様式と呼ぶかは別にして、ミュンヘンでは非常に大事なものとされています。 場所が、有名な白と青の空の下 ─ ちなみに白と青はバイエルン州旗の色 ─ なのか、あるいは市内の美しい地区なのかは、さほど重要ではありません。 ビアガーデンで、素敵なブールバールで、さらにはFCバイエルン・ミュンヘンのスタジアムで……ミュンヘンっ子は、いつでも最高の面を見せてくれます。

長い伝統と人情がある、近代的な世界都市、魅力的かつ寛いだ雰囲気があり、賑やかであると同時に穏やか……ミュンヘンは、ドイツにおける “ライフスタイルの首都” なのです。 ミュンヘンで快適に過ごすためには、豊かで美しくある必要はないものの、それに越したことはありません。 もっとも、その定義はあいまいです。時間と労力を惜しまずに壮麗な街を歩き回り、あちらこちらで休憩を取りながら、雰囲気をじっくりと味わえるような人のことも「豊かだ」と言えるからです。 そして、美しさというのもかなり主観的なものです。 とはいえ、ミュンヘン中心部で新旧の市庁舎に面しているマリエン広場が、ドイツで最も美しい広場のひとつであることに疑問の余地はないでしょう。 新市庁舎のグロッケンシュピール (仕掛け時計) は、ホーフブロイハウスやフラウエン (聖母) 教会 ─ 塔の緑の丸屋根は遠くからも目にできます ─ などと同様に、ミュンヘンの一部になっています。 市場のヴィクトアーリエンマルクトには、バイエルン地方ならではのものからエキゾチックなものまで何でもあり、店を見て回ると様々な感覚が刺激されます。 ちなみに、値切ったり交渉するのは、ミュンヘンのライフスタイルに含まれていませんから、試してみるべきではないでしょう。 ルートヴィヒ通りやマキシミリアン通り、カウフィンガー通り、タール通りといった高級ショッピングストリートなら尚更のことです。これらの通りには、最新のモードから見事な骨董品まで、高級かつ高価なものが並んでいます。 物価が安くて得をしたような気分になるのが、ミュンヘンの “芸術家街” です。シュヴァービング地区が昔から有名ですが、最近ではグロッケンバッハ広場やゲルトナー広場、またはミュラー通り界隈も含まれます。 これらの場所は、パーティはもちろん、サブカルチャーや息抜き、LGBTシーンなど、多様な側面を持っています。

イザール川と市街地の間に広がる、ミュンヘンのレジャーエリア英国庭園は、入場無料ですから気軽に利用できます。 のんびりと寛いだり、スラックラインに興じる人々を眺めたり (あるいは参加したり) 、人工河川アイスバッハでクレージーなサーフィン体験をしたりと、いろいろなことが可能です。 また、ミュンヘンで最も素敵なものに数えられているビアガーデンが2つ ─ ひとつは「中国の塔」の近く、もうひとつは池に近い静かな場所 ─ あり、穏やかな午後など気持ちよくリラックスできます。 元々ビアガーデンは、大きなマロニエの樹の下に様々な人が集まって、楽しいひとときを過ごす場所であり、ミュンヘンのライフスタイルそのものといった存在なのです。 ここでは、ザルバトールケラーやレーベンブロイケラー、ホーフブロイケラーといった具合に、ガルテン (庭園) ではなくケラー (地下室) と呼ばれます。というのも昔の醸造業者たちは、地下の涼しい場所にビールを貯蔵しており、その場で注ぎ売りするのが一番だと考えていたからです。 ミュンヘンっ子にとって神聖とも言うべき伝統はこうして始まり、嬉しいことに今日にいたるまで守り続けられています。

ミュンヘンには、市民たちが誇りに感じるような、世界的に有名なミュージアムがたくさんあります。たとえば、技術と自然科学に関するものとしては世界最大の博物館であるドイツ博物館はもちろん、アルテ&ノイエ・ピナコテークピナコテーク・デア・モデルネ、レーンバッハハウス美術館も、グリプトテーク (彫刻美術館) や州立古代美術博物館、ブランドホルスト博物館 ─ 1945年以降の現代美術の素晴らしいコレクションを有しています ─ などと同様に、その中に含まれます。 ミュンヘンのミュージアム・エリアには、偉大な作品だけでなく、感じの良いクナイペ (ドイツ風居酒屋) や落ち着いたカフェ、小綺麗なショップなどがありますが、これもまた典型的なミュンヘン風ライフスタイルと言えます:人は、美しいものと良いものと結びつけたがる。 自動車文化におけるBMW博物館がそうであるように、アリアンツ・アレーナでは、FCバイエルン・ミュンヘンのスター選手たちがアウェイ・チームに対して、ミュンヘンっ子のライフスタイルの1バージョンを見せつけています:頂点に立っているのは我々だ。 たとえFCバイエルン・ミュンヘンのファンではなくても、チケットが手に入るなら是非観戦すべきです。 スタジアムの雰囲気はワールドクラス、まさに鳥肌ものです。 そして、アリアンツ・アレーナが世界で最も美しいスタジアムに数えられているのは、不思議でも何でもありません ─ なぜなら、このスタジアムはミュンヘンにあるからです。

都市の見どころ

一度有名な映画を撮影したその場所に立ち、映画やテレビ映画の製作をウォッチしてみませんか:ババリア・フィルムシティでそれができます。 ツアーガイドが、有名になった映画やテレビシリーズがどのようにして作られるか、説明します。 撮影所のツアーでは特撮効果の秘密を披露してくれますし、普通の人には分からないこともいくつか見えてきます。 撮影所見学のハイライトは、ババリア・スタントショーで、アクション映画ファンならずとも息を飲んでしまいます。 特殊音響効果の4D映画も特別な体験です。

サッカーの好きな方は、アリアンツ・アレーナのスタジアムの試合の雰囲気を見逃してはなりません。 ブンデスリーガの試合であろうが、チャンピオンズリーグ、あるいは国際試合であろうが、スイスの天才建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンの傑作であるこのサッカー競技場での観戦は、忘れることのできない体験となります。 75,000人の観客と一緒に、独特の雰囲気、耳を奪うファンの歌声、鳥肌が立つフィーリングを体験してみたいなら、アリアンツ・アレーナがベストです。 スタジアム見学ツアーがあり、このヨーロッパで最新のスタジアムの-もっとも美しい、と多くの人が称賛-バックステージを案内してくれます。

ピナコテーク・デア・モデルネは、4つのコレクション ─ 近代美術コレクションとミュンヘン国立グラフィック・コレクション、ミュンヘン工科大学建築博物館、新コレクション ─ の集合体であると同時に、一大ミュージアム・エリアの一部にもなっています:

アルテ&ノイエ・ピナコテークとブランドホルスト美術館、古代美術博物館、グリプトテーク (彫刻美術館) 、レーンバッハハウス美術館、そしてこのピナコテーク・デア・モデルネが、ミュンヘンの芸術地区を形成しているのです。

ピナコテーク・デア・モデルネについて詳しく

イザール川の西の岸に広がる4平方キロメートル余りの緑地英国庭園は、世界最大級の市内公園です。 英国庭園は見どころのひとつで、とくに夏場は人気がありますが、冬もとても魅力的です。 中国塔が、英国庭園の見どころで象徴となっていますが、人気があるのはそのビアガーデンです。 公園の設備も人気です:サーフィンができるアイスバッハ川、古典劇が上演される小さなギリシャ野外劇場など。

他を表示