• 0
景勝地を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ユネスコ生物圏保護区レーン ─ 遠くまで開けている土地

ユネスコ生物圏保護区レーン ─ 遠くまで開けている土地

類い稀な中級山地レーンは、ドイツ中央部の、バイエルン州ヘッセン州テューリンゲン州が接するところにあります。

“遠くまで開けている土地” レーン山地では、誰もが心休まる場所や気持ちよく過ごせる場所を見つけることができます。その豊かさと多様性は、現代社会の慌ただしさを和らげ、その広さは勇気を与えてくれるのです。ここでは、ハイキングやネイチャースポーツ、保養休暇との関連で、ハイクオリティなサービスや可能性が提供されています。たとえば、ドイツで最も美しいハイキングロード2010年に選ばれたホーホレーナー (レーン山地上部ルート) を、バート・キッシンゲンからバート・ザルツンゲンまで踏破することも可能です。そして、ガンゴルフスベルクやミルゼブルクといった山では、珍しい形をした岩塊や原生林を目にできます。この地域の文化的景観が、長年にわたって伝統的な形で利用されてきたことは、裂果植物が育ち、様々な花が咲く草原や穏やかに草を食むレーン羊などが証明しています。一方でグルメたちを魅了しているのが、地域の高級食材と料理人たちの着想の豊かさです。また、ヴァッサークッペ山は、グライダー愛好家たちによく知られています。この山は、ヘッセン州の最高峰であると同時に、グライダー・スポーツ発祥の地であり、今日ではスカイスポーツにおける国際的なミーティングポイントになっているのです。以前ここに東西ドイツの国境があったことは、人々の意識から消えることがありません。NATOとワルシャワ条約機構が目に見える距離で対峙していた場所には、当時聴音哨だった建物を利用して、「ポイント・アルファ」記念館が設けられ、国境付近の生活に関する印象深い展示が行われています。

Discover your favourite spot