• 0
The Ahr wine region

ワイン生産地域アール:赤ワインのパラダイスにようこそ。

岩山の渓谷を小さな弧を描いてアール川が蛇行し、わずかな岩肌に張り付くようにブドウ畑があります。すでにローマ人はこのロマンチックな自然の渓谷が気候的にワイン造りに合っていることを知り、最初のブドウを植えました。赤ブドウの王であるシュペートブルグンダー種とともに、フリューブルグンダー種もこの生産地区の特別なワインとなっています。アール地域のトップワインは、人手がかかる急斜面の畑で栽培される畑のブドウから造られますが、苦労の甲斐あって高い品質のワインが生まれます。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト
ヘッピンゲンのシュタインホイヤース「ツア・アルテン・ポスト」にようこそ。ラントガストホーフのポストシュトゥーベン・レストラン、天気の良い日ならサマーガーデンで地方料理をお試しいただけます。ドイツのトップレストランにランクされるレストラン「ツア・アルテン・ポスト」は、グルメ料理のレストランです。ホテルには高級なスイート、ダブルルーム、リラックス設備があります。ラウンジはアペリティフ、シガー、食後酒に。

協同組合の発祥地は アール川の畔のマイシュロスです。1869年12月20日に18のブドウ栽培業者が集まり、ワイン生産の歴史における最初の協同組合を設立しました。現在、ブドウ栽培業者の組合は320の会員を擁し、栽培面積は121ヘクタールとなっています。その60%は 赤ワインの地域アール ではシュペートブルグンダー種が占め、20%がリースリング種のブドウとなっています。

この僧院は アール地域で最古の僧院で、デルナウ近くのアウグスチン会派の尼僧修道院でした。1137年に マリーエンタール僧院 が創設されましたが、宗教心に篤い女性にとって生活は容易ではなかったようです:年報には隣接する町村との訴訟や怒りが記され、洪水も頻繁にあったようです。

アールヴァイラーのマルクト広場の主役は ワイン生産地域アールで造られたワインとゼクトで、アルテンアールからヘッピンゲンに至る畑から産した200余りのワインがカウンターに並びます。このワインマーケットは何年も前からアール地域になくてはならない行事で、独特の雰囲気、楽しい音楽と娯楽、特別な魅力があります。クライマックスは新たに選ばれたアール・ワイン女王の戴冠式です。

他を表示