• 0
The Rheingau wine region, Eberbach Abbey

ワイン生産地域ラインガウ:本物の生きる喜び

ラインガウ地域では主にリースリング種とシュペートブルグンダー種が栽培されています。ラインガウの僧院はかなり昔からブドウを栽培し、長いワイン造りの伝統が生まれました。この評判をきいてラインガウの大貴族は、高級ワインの納入者としてラインガウのワイン醸造業者に館の扉を開きました。ガイゼンハイムにあるブドウ栽培とワイン学の専門大学も、ラインガウ地域の名声を世界に高めています。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト

ライン・シュタイク (シュタイクは「細い山道」の意) では、ヴィースバーデンからボンに至るライン川沿いのルートに、歴史的な城塞や岩壁、ブドウ畑、クライミングルートなどが、真珠のネックレスさながらに連なっています。

おすすめ

ローレライ、ザンクト・ゴアールスハウゼン
伝説的なローレライと伝説のまつわる岩は、ライン渓谷に高く突き出て、旅する人々を長い間魅了してきました。 ローレライセンターでは、初期のライン川観光客の足跡をたどるように、歴史や文化、自然、そしてローレライ伝説について紹介しています。

コース概要

起点: ヴィースバーデン Wiesbaden
終点: ボン Bonn
距離: 320 km
ステージ数: 23
標高差 (近似値): 上り 21,900 m、下り 21,900 m
路面状況: 36%自然道、18%アスファルト舗装道、36%その他 (砂利道など)

シェーンレーバー家のホテルは、ラインガウ地域のエストリッヒ・ヴィンケルに自前のワイン醸造所を有しています。ワインレストランでは当方の畑で採れたブドウから造ったワインとゼクトをお出ししています。17の快適なホテルルームがあります。駐車場はホテルに完備。当方のワイナリーのワインとゼクトはたびたび賞を受けました。ゼクトは昔ながらにビンで発酵させて造っています。

幾世紀にもわたる古きワインの文化を代表する エーベルバッハ僧院 の石垣はエルトヴィレ、 ラインガウ地域に今もあります。エーベルバッハ僧院はすぐにドイツにおける最大かつ最重要僧院のひとつになりましたが、それはブドウの汁のおかげでした。ブルグンドからもたらされたピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)ブドウ品種は、ラインガウ地域のワイン文化の最初の輸出ヒットとなりました。

ワイン文化の記念碑である歴史的なワイン用クレーンは、ワインと文化の町エストリッヒ・ヴィンケルの象徴となっています。ライン川の岸に立つ黒板化粧張りの木骨組建物のクレーンは、船の荷揚げ荷降ろしの昔の技術を示しています。エストリッヒは350年の間中級官庁所在地でクレーンの町でした。ここからラインガウ地域の樽ワインが世界に船出しました。

他を表示