• 0
宮殿、庭園、公園に関する選択
フランクフルトのパルメンガルテン。 ドイツの中心部に位置するエキゾチックなジャングル

フランクフルトのパルメンガルテン。 ドイツの中心部に位置するエキゾチックなジャングル

もしジャングルや異国情緒を体験したくなったら、総面積22ヘクタールのフランクフルト・パルメンガルテン (椰子庭園) を訪れてみてください。 ここなら、世界各地のエキゾチックな気候帯に育つ、ほぼすべての植物を目にできます。

パルメンガルテンは、19世紀に 革新的な市民たちによって創設されました。 この庭園は、都市の心臓部に位置する緑のオアシスであり、フランクフルト市民や旅行者、そして通常なら花に興味がない人にも人気のエクスカーション目的地になっています。 現代的なガラス張りの温室14棟からなる熱帯園が、熱帯や亜熱帯の世界へと誘います。 緑豊かな熱帯雨林&モンスーン森林から、高温多湿なマングローブ、そして刺々しい大サボテンが生える乾燥砂漠まで、地球上の様々な気候帯を完璧にシミュレーションしています。 熱帯園は、地球上の様々な気候帯を通る、学ぶことがの多い旅と自然体験とを結びつけています。 市の偉大な息子に対するオマージュであるゲーテ庭園も、一見の価値があります。 詩人であり情熱的なガーデナーでもあったゲーテは、銀杏の木に頌歌を捧げましたが、その “生けるオリジナル” が庭園内に多数育てられています。 この庭園の目玉になっているのが、高さが18メートルもあるパルメンハウス (椰子館) ─ パルメンガルテンで最も有名で最も古い建物 ─ です。 この鉄組の建物は、1868-1869年にフリードリヒ・カイサーの設計により造られました。 その際モデルになったのは、ロンドン (1846年) とパリ (1867年万博) の巨大なガラス製の宮殿です。 エキゾチックな “不思議の国” は、今なおその魅力を失っていません。 「原生林の雨」の後で、巨大な椰子の木の間にある木製ベンチに座り、神秘的な滴が乳白色の薄明の中へ落ちる音に耳を澄ましていると、まるで魔法にかけられたかのようになり、オウムがキイキイ鳴いて、ようやく現実に引き戻されます。 この他「万人のための植物学」が、様々なガイドツアーや講演のモットーになっています。 エクスカーション グローサー・ヒルシュグラーベン通りにある家では、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが、1749年8月に生を受け、幼少年時代を過ごしました。 今日、この「ゲーテハウス」の部屋を見学できます。 フランクフルトのマイン川両岸には、種類も内容も異なる博物館が計13あります。 夏には “博物館河岸” を気持ちよく散歩したり、コーヒーを飲んだりできます。

イベント

The Schirn building itself is a bit like a modern art work in the heart of Frankfurt's old quarter, a light, angular design contrasting with the grand, red sandstone cathedral and the Römer, the old town hall. This art gallery lies in the heart of the city – and is an important focal point in Frankfurt's cultural life. It is also one of the most celebrated galleries in Germany and in Europe.

Schirn is the Hessian word for a structure such as a hut or a shed, but this belies its significance in the world of art. Since opening in 1986, the Schirn has staged some 200 exhibitions. It has no collection of its own but organises temporary exhibitions and projects on selected themes or the work of individual artists. The themed exhibitions have made most notable contribution to the gallery's international reputation, for instance Viennese art nouveau, Expressionism, Dadaism and Surrealism, the history of photography and subjects such as 'shopping – art and consumerism', and the visual art of the Stalin era. Major retrospectives have honoured artists such as Wassily Kandinsky, Marc Chagall, Alberto Giacometti, Frida Kahlo, Bill Viola, Arnold Schoenberg, Henri Matisse and Julian Schnabel.

Taking a stance on topical themes and aspects of artistic creation can be said to be the Schirn's hallmark. It aims not only to engage visitors in a meaningful exhibition experience but also to encourage active participation in the cultural discussion.

開催予定:

26.09.2019 - 12.01.2020

26.09.2019 - 12.01.2020

11.10.2019 - 12.01.2020

11.10.2019 - 12.01.2020

13.02.2020 - 24.05.2020

開催地

Schirn Kunsthalle
Bendergasse
60311 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。
This meeting point for international media is a major cultural event. The publishing and media sector is innovative, varied and international like nowhere else. This year, Norway is the guest of honour.

開催予定:

16.10.2019 - 20.10.2019

開催地

Centre de conférence à Francfort-sur-le-Main
Ludwig-Erhard-Anlage 1
60327 Frankfurt

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

The Städel Museum in Frankfurt, also known as the Städel Institute of Art and Municipal Gallery, is one of the leading art museums in Germany. It was founded in 1816 by the great patron of the arts from Frankfurt Johann Friedrich Städel and the collection has been housed in its current location since 1878. The Städel Museum is one of the main attractions along Frankfurt's 'museum embankment'. The breadth and wealth of museums and galleries overlooking the banks of the Main here are unique in Germany.

With over 2,900 paintings and around 100,000 drawings and prints, the collection gives a comprehensive insight into more than 700 years of European art history – from the Middle Ages, the Renaissance, the baroque era and Classical Modernism right through to the present day. Among the highlights are works by Lucas Cranach, Albrecht Dürer, Sandro Botticelli, Rembrandt, Jan Vermeer, Claude Monet, Pablo Picasso, Ernst Ludwig Kirchner and Max Beckmann. The collection also includes works by prominent post-1945 artists such as Francis Bacon, Georg Baselitz, Jörg Immendorff, Martin Kippenberger, Anselm Kiefer, Gerhard Richter and Sigmar Polke. Worthy of special mention are Andy Warhol's screen-print series 'Goethe', a donation by the artist to the Städel Museum, and 'Goethe in the Campagna' by Johann Heinrich Wilhelm Tischbein. Since 1976 the fascinating sculpture garden has displayed mainly contemporary works, including pieces by Joseph Beuys, Ulrich Rückriem, Richard Serra, Anthony Caro, George Rickey and David Smith.

開催予定:

23.10.2019 - 16.02.2020

13.11.2019 - 06.02.2020

開催地

Städel Museum
Dürerstraße 2
60596 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す