• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ドレスデン:文化都市の代名詞。

ドレスデン:文化都市の代名詞。

文化というものは、解釈も定義も様々です。 しかし「ドレスデン」という地名を出せば、具体的なイメージとして伝わるに違いありません。 この都市の文化財は、質も量も圧倒的で、観光客が息をのんで感嘆するほどなのです。 そして、それらの全てが美しい河畔風景の中に嵌め込まれているのを目にすると、驚きは純粋な感動に変わります。

本来「世界的に有名な」という表現は、そうそう用いるべきものではありません。 ところがドレスデンでは、頻繁に使わざるを得ないのです。 たとえば、ツヴィンガー宮殿ゼンパー・オーパーフラウエン (聖母) 教会の “3大観光スポット” だけでなく、ブリュールのテラスや王宮、ロシュヴィッツ地区渓谷斜面のエルベ宮殿群、ブラーゼヴィッツ地区の邸宅街、ヘラーアウエの庭園都市、そしてもちろん12のミュージアムなどは、本当に素晴らしいものです。 そして何と言っても、市街地が絶妙なロケーション ─ エルベ川が優雅に弧を描く、その頂点 ─ にあります。

バロック建築の傑作として広く知られているツヴィンガー宮殿は、間違いなく「世界的に有名な」建物に含まれます。 瓦礫の山から美しい姿に再建されたフラウエン教会は、おそらく最も重要なプロテスタント教会に数えられるでしょうし、盛期イタリア・ルネサンス様式による、堂々たる建造物のザクセン州立歌劇場 ─ 建築家の名前からゼンパー・オーパーとも呼ばれています ─ は、疑問の余地なく世界で最も美しいオペラハウスのひとつです。 “ヨーロッパのバルコニー” の異名を持つブリュールのテラスからは、エルベ川や対岸のノイシュタット (新市街) への素晴らしい展望が開けていますし、周囲には芸術アカデミーやアルベルティヌム ─ ノイエ・マイスター絵画館や彫刻展示室が入っている市内主要文化施設 ─ などの見事な建物があります。 さらに、王宮内の緑の丸天井 (世界最大の宝物館) やトルコの部屋、アルテ・マイスター絵画館 ─ ラファエロの『システィーナのマドンナ』などで有名 ─ といった卓越したミュージアムが、ドレスデンでの文化体験を、凌駕する都市が見あたらないほど豊かなものにしています。

またドレスデンは、音楽の都として、ほぼ700年にわたって世界的な名声を博してきました。 ゼンパー・オーパーだけでなく、シュターツカペレ・ドレスデンやドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン聖十字架合唱団といったオーケストラ&アンサンブルが、人々を熱狂させてきたのです。 国際的なフェスティバルや演劇、ダンス公演、ゼンパー・オーパー舞踏会など、一年を通じてトップクラスのイベントが開催されています。 ドレスデンでは、ジャズもまた文化の一部になっており、たとえばインターナショナル・ディキシーランド・フェスティバルは、ヨーロッパ最大規模のオールドタイマー・ジャズフェスティバルです。 このフェスティバルでは、 “リバーボート・シャッフル” とプラーガー通りの “ジャズ・マイル” 、旧市街の “ディキシーランド・パレード” が伝統的にハイライトになっています。 エルベ河畔での “映画の夕べ” やエルプハングフェスト (エルベ渓谷斜面祭り) 、エルベ川流域のロマンチックな宮殿庭園でのコンサートなど、オープンエア・イベントも多彩です。

ドレスデンが伝統だけの都市ではないことは、現代建築の傑作が証明しています。 その代表例となるのが、新たなシナゴーグであり、オーストリアの有名建築事務所コープ・ヒンメルブラウによる非構成主義的なUFAクリスタルパラスト (シネマセンター) です。 中央駅や軍事史博物館も一見の価値があります。中央駅では建築家ノーマン・フォスターが、歴史的な鉄骨構造の間に、透明なテフロン・メンブレンを張りました。 軍事史博物館は、ダニエル・リーベスキントの大胆な設計に沿って、近年増改築が行われています。 「青い奇跡」も、建設当時は大胆なものと評されました。アバットだけで支えられたヨーロッパ最初の橋で、建築技術上の “奇跡” だったのです。ちなみに橋上からは、素晴らしい眺めを楽しめます。

そして、もし12月にドレスデンを訪ねるのなら、もうひとつの文化イベント “シュトリーツェルマルクト” が待っています。 これは、1434年に初めて記録に現れた、ドイツ最古のクリスマスマーケットで、今日に至るまで光と色、香りのフェスティバルであり続けています。 グリューワイン (赤ワインベースのホットカクテル) やクリスマス菓子、熱い焼き栗に囲まれて、感動的で厳粛な雰囲気を堪能してください。そして、クリスマス菓子のクリストシュトレン ─ ここではシュトリーツェルと呼ばれています ─ を試してみてください。これもまた「世界的に有名な」という表現がぴったりのドレスデン名物です。

都市の見どころ

再建されたフラウエン教会はプロテスタントの教会建築の最高峰、ヨーロッパのバロック様式の傑作とされています。 市参事会棟梁のゲオルゲ・ベーアが設計した傑作は、250年余りにわたりドレスデン市民の豊かさと信仰を象徴するものでした。 1726-43年に建てられたフラウエン教会は第二次大戦で破壊され、1945年以降は戦争に対する警告の碑として残されましたが、今日では和解の象徴として再建されています。 世界中の注目を浴びた2005年の献堂式の後には、だれでも教会に礼拝と見学に足を踏み入れることができますし、コンサートなども催されています。

ウィーンの建築事務所ヒンメルブラウが1997/98年にユニークなデザインの映画館設計をしました。 空に伸びるガラス体は、脱構築主義建築の好例で、周辺のDDR時代に建てられたパネル建築建物と強い対照を成しています。 正面には鉄とコンクリートとガラス建築の間の対比が見られます。 鉄の枠にはまる外側のガラス壁が水晶の形を作り、それが建物の名前になっています。

1838-41年にゴットフリート・ゼンパーが建てたゼンパーオペラは、ザクセン宮廷・国立歌劇場として長い伝統を誇る州立オペラ・ドレスデンの歌劇場です。 オペラの楽団は伝統あるザクセン・シュターツカペレ・ドレスデンです。 繊細な建築と特別な音響によりこの音楽の神殿は19世紀の劇場建築の最高峰といわれ、 世界でもっとも美しい歌劇場のひとつdesu. イタリア・ルネッサンス様式で建てられた豪華な建物にはすばらしい内装が施されています:壁、ホール、廊下は絵や芸術的な装飾品で豊かに飾られています。

他を表示