• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

ハノーファー:国際的なイノベーション・マーケット。

世界最大の見本市会場はどこにあると思いますか? 東京でしょうか? 残念ながら違います。 シカゴ? ロンドン? それとも上海? 全部ハズレ。 フランクフルト? おしい! 正解はハノーファー (ハノーバー) です。 この都市は、近代的な見本市会場により、世界経済の原動力 ─ あるいはアイディアやイノベーション、投資の象徴 ─ になっているのです。

ハノーファーは指標のような存在であり、産業やテクノロジーの分野で新たなトレンドが生まれると、まずはこの都市で確認できます。 具体的には、見本市都市ハノーファー (ニーダーザクセン州) を世界の頂点に導いた、国際的なリーディング見本市のひとつで目にできるのです。 見本市会場は、総面積が約1平方キロメートルもあり、そのうちの466,100平方メートルが、大規模な国際トレードフェアに理想的な舞台を提供します。 たとえば、ITソリューションに関するものとしては世界最大の商用見本市CeBIT (セビット) 、各種テクノロジーやオートメーション技術を網羅するHANNOVER MESSE (ハノーファー・メッセ) 、バイオテクノロジーとライフサイエンスにおけるヨーロッパで最も重要な専門見本市BIOTECHNICA (バイオテクニカ) などが、 ハノーファー開催の主要見本市に挙げられます。 もっとも、見本市会場として成功するためには、展示スペースだけでは充分とはいえません。コングレスやシンポジウムも同じぐらいに重要です。 この分野でもハノーファーは、最高のものを提供しています:35のホール&ルームを備えるコンベンションセンターは、見本市ホールやエキスポ2000パビリオンと同様に、様々なイベントに合わせて極めてフレキシブルに利用できます。 そして、近代的なインフラと持続性のあるテクノロジー、魅力的な休憩ゾーンが、クリエイティブでありながらどこか余裕のある雰囲気を醸します。 出展者や入場者へのサービス&ケアが、完璧なことは言うまでもないでしょう。

ハノーファーは、出展者と入場者 ─ そして他の全ての人々 ─ に、見本市とコングレス以外にも、本当に様々なものを提供しています。 たとえば、いずれも魅力的な観光スポットである、2つの市庁舎が挙げられます。 ひとつは、中世後期に建設されて、後に美しく修復されたもので、マルクトハレ (屋内市場) に面した便利な場所にあります。もうひとつは、1913年にネオ・ゴシック様式で造られた、極めて壮麗な建物で、高さ約100メートルの堂々たる丸屋根が特徴になっています。 他にも、ハノーファーが王国だった、栄華の時代を偲ばせるものがあります。たとえば、かつての国王居城で、現在はニーダーザクセン州議会が入っているライネ宮殿。あるいは、大庭園 ─ ヨーロッパでも数少ない、保存状態の良いバロック庭園 ─ や山庭園、ゲオルク庭園、ヴェルフェン庭園を含む、豪華絢爛なヘレンハウゼン王宮庭園。 王宮を起点とする「彫刻の道」も一見の価値があります。その中で最も有名な作品は、1974年に設置されたニキ・ド・サンファルの作品『ナナ』でしょう。 この曲線的な彫像は、当初は全ての市民に歓迎されたとは言えませんでしたが、今では受け入れられたようで、見本市会場や旧市街、州立劇場、マッシュ公園などと同様に、ハノーファーの一部になっています。 そしてもちろん、1979年にオープンしたシュプレンゲル美術館を忘れるわけにはいきません。20世紀の作品を集めたものとしては、非常に重要な美術館であり、ドイツ表現主義とフランス現代芸術、そしてニキ・ド・サンファルの作品約300点 ─ 市に密接な繋がりを感じている芸術家本人の寄贈によるもの ─ が中心になります。 この美術館と比べると、ヴィルヘルム・ブッシュ博物館 ─ ドイツにおける風刺画と挿絵の博物館 ─ は、少々 “くだけた” 作品を紹介していますし、エキサイティングな体験ワールドである動物園には、より和やかな雰囲気が漂っています。 どうか動物園の人気者たちや市内の主要観光スポットを見逃さないでください。 特に、見本市やコングレスでハノーファーを訪れる人にお願いします。

都市の見どころ

1979年に設立されたシュプレンゲル美術館は、20世紀の芸術に関するものとしては、最も重要なミュージアムに数えられます。 基になったのは、ドイツ表現主義とフランス近代絵画を中心とする、ベルンハルト・シュプレンゲル博士のコレクションです。

最近20年間には、シュヴィッタースからサンファルにいたる、近代美術のメインエポックにまで展示品の幅を広げました。 この活気溢れる “芸術&科学フォーラム” では、素晴らしい常設展の他に、特別展を年25回余り開催しています。

ハノーバーのヘレンハウゼン庭園は、大庭園、ベルク庭園、ゲオルゲン庭園、ヴェルフェン庭園の四つから成っています。 どの庭園にも造園芸術の重要な様式を見て取れます。 大庭園は1666年に造園が始まり、現在の姿になったのは1696年から1714年の選帝侯妃ゾフィーの時代でした。 大庭園は造園当時の様式を保つ数少ない庭園です:ヨーロッパのバロック庭園。 大庭園にはニキ・ド・サン・ファルの作品の洞窟があり、夏の小演芸祭りと国際花火大会、コンサートや演劇が催され、一年中訪れる人が絶えません。 もっと読む

ハノーバーの赤い糸-「自分で」市内観光-道路に引いてある赤い線は、市街の36の名所旧跡を結び、総長4,200メートルです。 ハノーバーの赤い糸は完全なバリアフリーのガイドシステムで、気軽に市内発見の散策ができます。 役立つ情報:ポケットサイズで「ハノーバーの赤い糸-あなたの個人ガイド」というパンフレットがあり、赤い糸沿いの見どころ、情報、娯楽など満載。

大人と子供のゴール:ドイツでもっともセンセーショナルなハノーバー体験動物園。 動物の魅惑の世界へ小旅行。 2,300匹の住人が費用をかけて造った七つの ユニークなテーマワールドに住んでいます:カナダの原生林、白クマのいる風景、ザンベジ川ボート下り、インドのジャングル宮殿、オーストラリアのオートバック、ゴリラ山、昔のニーダーザクセン地方の農家、などなど冒険している気分になる景色のテーマ世界です。 子供のパラダイス「ムレワップ」もいかがでしょう。 さらに毎日最高29のショーや餌付けの実演がありますから、充実した一日となります。 (link zu Freizeitparks –Zoos -> Zoo Hannpver )もっと読む(/link)

他を表示