• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
シュヴェリーン:7つの湖と偉大な芸術の都市。

シュヴェリーン:7つの湖と偉大な芸術の都市。

人口10万人弱のシュヴェリーンは、ドイツで最も小さな州都です。 市街地に迫る湖が、北ドイツの空を流れる雲や市のシンボルであるシュヴェリーン宮殿を映して……素晴らしいロケーションに、絵のように美しい都市景観が広がっています。 シュヴェリーン宮殿は、 (都市そのものと同様に) 軽快・明瞭で、好感度も高く、市のシンボルにぴったりの存在です。

すでに965年には存在していたという旧記には、淡水湖の中に城塞が描かれており、歴史家はこの場所こそシュヴェリーンであると推測しています。もっとも、都市が建設されたのは1160年以降のことで、城塞も ─ 世界的に有名なシュヴェリーン宮殿に ─ 再建されています。 都市が建設された数年後には、初代の大聖堂が完成しました。様々なスタイルで増改築されながら何世紀も生き延びてきた、市内で唯一の中世建築物です。 最初の大聖堂は、場所の問題で間もなく塔を除いて取り壊され、1248年に落成したロマネスク様式の司教座聖堂も、すぐに要求を満たすものではなくなりました。十字軍遠征に赴いたハインリヒ・フォン・シュヴェリーン伯爵が、キリストの血という聖遺物 ─ 聖血 ─ を持ち帰ったからです。 このため、巡礼者の殺到を見越した “保管場所” が必要になり、1270年ごろに新たな大聖堂が建造されました。以降は、ドイツ帝国東北部において、最も重要な巡礼教会と見なされてきました。 「7つの湖の町」、「北のフィレンツェ」、「大聖堂の街」、「居城都市」……今日のシュヴェリーンには数々の異名があります。 自然と建築、大小の芸術、長い歴史を伝える旧跡などが見事に調和しているのがシュヴェリーンですから、いずれも当を得たものと言えるでしょう。 石畳が敷き詰められたマルクト広場や旧市街の細い路地を散策したり、中心部のシェルフシュタット地区で歴史的建造物の連なりに感動したり、夢のように美しいシュヴェリーン宮殿に目を見張ったりすれば、この都市には見るべきものや訪れるべき場所がたくさんあることに、すぐに気がつくはずです。

シュヴェリーン湖とブルク湖の間の島上という、メルヘンさながらのロケーションにある宮殿は、市の象徴です。 その周りには、宮殿庭園や州立博物館、戦勝記念碑、旧宮殿、厩舎、擬古典様式による州政府官房などの観光スポットが集中しています。 コンサート・フォイェイやEヴェルク、劇場クナイペ (ドイツ風居酒屋) のヴェルク3、人形劇場などを備えるメクレンブルク州立劇場は、多彩な公演によって、文化を愛する人々を喜ばせています。 文化といえば、壮大な規模で行われる宮殿フェスティバルは、国際的に評価が高いオペラ・フェスティバルであり、疑問の余地なく市内最大の文化ハイライトです。 宮殿庭園や内庭といった、メルヘンのような舞台装置の中で、プッチーニやヴェルディが上演され、毎年数万人もの観客をシュヴェリーンに集めています。

ミュージアムも、シュヴェリーン州立博物館のような、州都に相応しいものがあります。 館内のアルテ&ノイエ・マイスターのギャラリーでは、16世紀から18世紀にいたるフランドルとオランダの絵画コレクションの他に、マルセル・デュシャンのコンセプチュアル・アートなども目にできます。

イベント・カレンダーもまた、充実の内容になっています。シュヴェリーンは、メクレンブルク・フォアポンメルン音楽祭の開催都市であり、5月には映画祭と観光船パレードが、6月から7月にかけては陶芸市と五湖マラソン、クリストファー・ストリート・デイ、ドラゴンボート祭りが、年の後半には旧市街祭りとワイン祭り、シュヴェリーン文学祭が行われます。 そして年間行事の最後を飾るのは、メーケルボルガー・クリスマスマーケットです。 多彩なプログラムを展開する小さな州都シュヴェリーンでは、誰もが新たなシーズンの到来を、そして繰り返し訪れてくれるような旅行者の方々を、心から待ち望んでいます。 来シーズンは、きっとあなたも……。

都市の見どころ

シュヴェリーンはシュヴェリーン湖畔にあり、森の多い湖沼に囲まれています。 シュヴェリーン湖だけではなく、ブルク湖、ファウラー湖、グリムケ湖、ハイデン湖、大カラウシェ湖、ランコヴァー湖、メーデヴェガー湖、ノイミューラー湖、オストオルファー湖、プファッフェンタイヒ沼、ツィーゲル湖に面しています。 シュヴェリーン湖はドイツでももっとも大きな湖のひとつで、ツィーゲル湖は人気あるヨットの湖、オストオルファー湖は昔ながらの水浴で賑わう湖です。 ここは水上スポーツの黄金郷です。 手つかずの自然の美しい湖沼風景を楽しめるのは、水上スポーツをする人だけではありません。

シュヴェリーン湖の小さな島の上に堂々と夢のような美しく立つシュヴェリーン城は、長い間代々のメックレンブルク公爵と大公の居城で、歴史主義様式建物としてヨーロッパでもっとも重要な建造物のひとつに数えられます-湖に囲まれ、丸い屋根と沢山の塔があるメルヘンの城は、シュヴェリーンでナンバーワンの写真モチーフです。 宮殿内にある宮殿博物館をお見逃しのないように。 美しい英国風景庭園のブルク公園とバロック様式の宮殿庭園の散歩もおすすめします。 もっと読む

1737年にバロック様式で造られ、廃墟となっていた、古くて厳めしいレンガ造りの建物が、1995年に展覧会場&イベント・センターとしてオープンしました。

ここでは、彫刻や写真、絵画等の展示が継続的に行われています。 展示の重点になっているのは、20世紀の芸術です。 ダリやエルンスト、マチス、ミロ、フンデルトヴァッサー、ヤンセン、ゴヤといった国際的巨匠の他に、地元の芸術家の作品を紹介しています。 さらに、作家自身による朗読会や室内音楽の演奏会にも力が入れられています。

ドイツでもっとも小さい州都シュヴェリーンの魅力は、すばらしい湖沼風景の中で味わう文化と歴史的建築です。 特別な見どころとしてツィーゲル湖の南、プファッフェンタイヒ沼の東にあるシェルフシュタット地区を挙げておきます:シェルフシュタット地区には市で最大の歴史的建造物群があります。 公爵フリードリッヒ・ヴィルヘルムは、1705年にこの地区に都市計画に基づいて新市を築きました。 シェルフシュタットのもっとも高い場所にシュルフ教会が立っていますが、この教会を見るだけでもこの町を訪ねる価値があります。

他を表示