• 0
世界遺産全物件のA~Z
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
Wilhelmshöhe Park

ヴィルヘルムスヘーエ公園

イギリス風景式庭園のスタイルによるヴィルヘルムスヘーエ公園 (ベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ) は、ヘッセン州北部の都市カッセルにあります。総面積240ヘクタールという、丘陵部のものとしてはヨーロッパ最大規模の公園です。 また、ヴィルヘルムスヘーエ宮殿と共に、文化や自然、造園芸術が完璧に調和した、総合芸術作品を形成しています。

カッセルのヴィルヘルムスヘーエ公園は、当初バロック様式で造られたこともあって、ランドスケープデザインや芸術、技術における様々な潮流を追体験できます。 300年以上の歴史をもつ文化的景観は、ヨーロッパ絶対主義の時代における、ランドスケープデザインの隆盛を象徴する典型例なのです。 この公園は1696年に建設が開始されましたが、それは他の領主たちに対して自身の立場を高めようとした、ヘッセン=カッセル方伯カールの考えによるものでした。 その後1701年には、イタリアの建築家ジョバンニ・フランチェスコ・グエルニエロが「水の芸術」の主要部分を建設し、1717年には最頂点にヘラクレス像が据えられます。 巨大な銅像は、公正かつ賢明な領主の美徳を遠くからも目にできるようにしたものであり、方伯の全能性を象徴的に表現したものでした。

高さ70メートル余りの台座の下では、世界でも類を見ないスペクタクルが人々を感嘆させています:75万リットル以上の水が、全長12キロメートルにもおよぶ水路を、宮殿池の大噴水まで流れ落ち、自然な圧力によって52メートルの高さまで吹き上げられるのです。 この「水の芸術」は、日没後にヘラクレス像からヴィルヘルムスヘーエ宮殿までライトアップされると、とりわけ印象的な光景になります。 一方で印象的な美術品は、宮殿で目にできます:この建物は、第二次世界大戦時に甚大な被害をうけましたが、1974年までにミュージアムとして再建されて、アルテ・マイスター絵画館とグラフィック・コレクション、古代コレクションが設けられ、アトラクションが豊富なヴィルヘルムスヘーエ公園内でも、人気のスポットに数えられているのです。

旅行情報&サービス

開館時間

ヴィルヘルムスヘーエ・ビジターセンター:4月~10月は火曜日~日曜日と祝祭日の10:00-17:00、11月~3月は土曜日と日曜日と祝祭日の10:00-16:00。

ヘラクレス・ビジターセンター:毎日10:00-17:00。

ヴィルヘルムスヘーエ宮殿博物館

火曜日~日曜日10:00-17:00、水曜日10:00-20:00。

ヴィルヘルムスヘーエ公園と「水の芸術」:通年開園、「水の芸術」は毎年5月1日~10月3日の日曜日・水曜日・祝祭日の14:30から、ライトアップされた「水の芸術」は毎月第1土曜日。

リンク:
www.museum-kassel.de

イベント

Scandal and triumph, protest and passion, provocation and experiment – here they're all brought together. documenta is the world's most important series of contemporary art exhibitions, a mirror of society and a showcase for the global art world. It happens every five years and always lasts 100 days.

At each documenta in recent years, more than 150 artists from around 50 countries, and visitors from all over the world, have explored the many different aspects of contemporary art. Exhibitions have encompassed sculpture, performance, installation, painting, photography, film and video, text and audio works, as well as objects and experiments from politics, literature, philosophy and science, offering plenty of scope for stances, visions and discussions. That's just how it was at the first documenta in 1955, when Arnold Bode, the Kassel artist and designer, sent out a signal of renewal by displaying works by artists who had been exiled and banned as 'degenerates' until 1945.

Some of the most spectacular are now integral parts of the townscape, for instance the 7000 Oaks project by Joseph Beuys, Claes Oldenburg's giant pickaxe and Jonathan Borofsky's Man Walking to the Sky, which was installed for documenta 9 in 1992. It's worth a trip to Kassel simply to see one of these great works of art.

開催予定:

18.06.2022 - 25.09.2022

から 12:29 まで 12:29

開催地

documenta
Sophienstraße 21
34117 Kassel

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す