• 0
景勝地を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
Walking in the Digelfeld nature conservation area

ユネスコ生物圏保存地域シュヴェービッシェ・アルプ ─ 起伏のある高原地帯が、特徴を持つところ

シュヴェービッシェ・アルプと周辺地域では、印象的な自然の美や伝統から生まれた文化財、地形上の特徴、そして歴史的な観光名所が、人々を待ち受けています。

バーデン・ヴュルテンベルク州の州都シュトゥットガルトから南東へ約40キロメートルの場所には、アルプ (高原) の麓を起点に、急勾配の斜面や高地平坦面を経て、南のドナウ川流域に至る、生物圏保存地域が広がっています。人口が密集する産業地帯や自然保護区、文化史における独自性、そして地形上の見所などの、他に類を見ない組み合わせが、生物圏保存地域シュヴェービッシェ・アルプの魅力です。

この独自の文化を持つ、類い稀な土地を理解しようと思ったら、自転車や徒歩で回ってみるのが一番です。より深く知りたければ、専門知識のある自然・風景ガイド ─ いわゆる生物圏大使 ─ に案内を頼むこともできます。曲がりくねったラウター渓谷は、長距離カヌーツーリングにぴったりの場所です。遙か昔に廃れてしまった集落や城砦、修道院は、見学と感嘆を待っています。一日頑張ってハイキングした後には、テルメ (温泉) で気持ちよくリラックスできることでしょう。そして、地元のガストロノミーが、グルメ料理や名物料理を用意しています:えり抜きのホテルとレストランからなる団体が、「シュヴァーベン地方のスタイルで無上の喜びを」をモットーに、生物圏と地域のために活動を展開しているのです。

Discover your favourite spot