• 0
The Moselle wine region, Moselle loop

ワイン生産地域モーゼル:至高のリースリングワイン。

2000年前にケルト人とローマ人が植えたブドウが作る文化景観の中を、モーゼル川とザール川とルーヴァー川が、小さな弧を描いて蛇行しています。モーゼル地域はドイツ最古のワイン生産地で、もっとも大きな急勾配斜面のブドウ栽培地です。急斜面とテラス畑は南と南西に向き、ブドウや珍しい動植物にとって格好の小気候となっています。ミネラルを含む急斜面畑で育つエレガントなリースリング種から造られるモーゼル,ザール、ルーヴァー川域のワインは、世界最高の白ワインに数えられています。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト
トラーベン・トラールバッハのロマンチック・ユーゲントシュティールホテル・ベルヴューは、本物のユーゲントシュティール様式を現代のコンフォートと結びつけ、68のルーム、ジュニアースイート、スイート、アパートメントを用意しています。幾度となく表彰を受けたグルメレストラン「クラウス・ファイスト」では、すばらしい雰囲気と美しいモーゼルの眺めの中で、地域特産の最高ワインでベルエポックの魅力に触れられます。

ここではローマ人はモーゼルワインを足で踏んで造りました: モーゼル川 のピースポルトでアルプス以北でもっとも大きなローマ時代のブドウ搾汁装置が発見されています。1985年に行われた耕地整理の時でした。有名な急斜面ブドウ畑「ピースポルター・ゴルトトレプヒェン」の麓で、44x20メートルの4世紀の大きな施設が見つかりました。

ここより険しいところは モーゼル川沿いにはありません:斜面の勾配が60度になるカルモントは、ヨーロッパでもっとも急斜面のブドウ畑です。ブレムとエディガー・エラーの間に立つ岩山は高さ290メートルあり、デヴォン紀の4億年前に形成され、粘板岩、石英、硬砂岩、風化岩石から成っています。

他を表示