• 0

Jewels of historicism – fairytale imitations of past triumphs

In the 19th century noblemen, royals and the rich often reverted to long-forgotten styles of architecture. Fairytale residences such as Neuschwanstein Castle were the result. Make no mistake, the dreams of the past were turned to reality.

無数の塔や丸屋根、翼棟を備える、ロマンチックなメルヘン宮殿がシュヴェリーン湖に映っています。 フリードリヒ・フランツ2世が、王家の権勢を印象づけるシンボルとして、1857年までに改築しました。 続きを読む »

もともとは皇帝がハルツ地方へ狩りに向かう際に、道の安全を確保するための中世城塞でしたが、16 世紀に、ルネッサンス様式の城塞に改築されています。

グラニッツ狩猟宮殿は、リューゲン島のテンペルベルク丘の上、年月を経て威厳さえ備えたブナの森の中にあります。1837-1851年にヴィルヘルム・マルテ1世が、プトブスの狩猟小屋を、擬古主義様式の狩猟用離宮に造りかえたものです。ここからは、リューゲン島の広い地域からウゼドムに至る、素晴らしいパノラマを堪能できます。