• 0

A princely life in modern times – the House of Thurn und Taxis in Bavaria

In 1812 the House of Thurn und Taxis received the former Imperial Abbey of St. Emmeram as compensation for the loss of the Bavarian postal monopoly. This was converted into a palace that still serves as the residence for this royal dynasty.

1748年にフランクフルトからレーゲンスブルクに移ってきたトゥルン・ウント・タクシス侯爵家が、ほぼ200年間にわたって住んでいます。 聖エメラム宮殿は、1816年から壮麗なレジデンツに改築され、今日ではドイツ歴史主義を代表する建築物に数えられています。 続きを読む »