• 0
宮殿、庭園、公園に関する選択
ハンブルクのプランテン・ウン・ブローメン。 誰もがお気に入りの場所。

ハンブルクのプランテン・ウン・ブローメン。 誰もがお気に入りの場所。

ハンブルクの中心部にある、面積47ヘクタールの公園プランテン・ウン・ブローメンの素晴らしさは、ストレス解消とエンターテインメントを見事に組み合わせた点にあります。 入場無料で、リフレッシュをお約束します。

この「国民・鳥類・娯楽公園」は1930年に完成しましたが、1935年にガーデンショーが開幕したとき、当地の方言である低地ドイツ語で「プランテン・ウン・ブローメン (植物と花)」と呼ばれ、それがそのまま公式名称になってしまいました。 今日プランテン・ウン・ブローメンの敷地中心部には、記念物指定を受けた熱帯植物温室群と旧植物園の展示温室があります。 この他に静かなセンセーションを引き起こしているのが、古典的なスタイルで構成されたバラ園です。 花壇はツゲで縁取られ、夏の間毎日流されるクラシック音楽にぴったりの舞台背景となっています。 薬草園では、薬草に関する知識が紹介されています。 ストレスの多い大都市生活者が、カスケード (階段状の滝) の傍らに座り、水と光のコンサートに耳を澄ましています。 1985年には、堤と魅力溢れる日本庭園が造られました。日本庭園には茶室が設けられており、この種のものとしてはヨーロッパ最大です。 子供たちは遊び場で暴れ回り、冬には老いも若きもスケートをします。巨大なスケートリンクは、世界最大の屋外スケートリンクに数えられており、夏にはローラースケーターやインラインスケーターが走り回ります。 南西部の端にはハンブルク歴史博物館があり、都市の起源とされる800年頃から現在に至る、ハンザ都市ハンブルクの歴史を紹介しています。 エクスカーション 100年前の時点でハーゲンベック動物公園は、檻のない初めての動物園であり、近代的な動物飼育の先駆者でした。 今日の動物園は、様々な姿に造形された25ヘクタールの土地と全長7キロメートルの歩道を備える、体験型動物園であると同時にテーマパークでもあり、誰もが楽しめるようになっています。 19 世紀末に建てられた、歴史的な倉庫街は、今日なお世界有数の規模を誇る倉庫複合体です。 これらの建物は、1991年に文化財に指定されています。 ザンクト・パウリの桟橋「世界への門戸」が、ランチや遊覧船、博物館船による港周遊へと誘います。

イベント

There is no doubt that the three buildings belonging to the Hamburg Kunsthalle house one of the most important public art collections in Germany: perhaps the best place to discover connections, developments and trends in seven centuries of art history. The permanent exhibition of more than 700 works and alternating displays from the museum's holdings offer a unique insight into art from the Middle Ages to the present day.

Every one of the museum's collections is important in its own right but in combination they have an immense impact. The museum presents the medieval altars of Master Bertram and Master Francke, 17th century Dutch paintings and 19th century German paintings with extensive groups of works by Caspar David Friedrich, Philipp Otto Runge, Adolph Menzel and Max Liebermann. Works of the Classical Modernist period include paintings and sculptures by Wilhelm Lehmbruck, Edvard Munch, Emil Nolde, Paul Klee, Ernst Ludwig Kirchner, Max Beckmann, Lyonel Feininger, George Grosz and Max Ernst. The contemporary art section features alternating exhibitions, which have included Georg Baselitz, Sigmar Polke, Gerhard Richter, Mona Hatoum and Jenny Holzer. The Department of Prints and Drawings comprises more than 120,000 works and is a museum in its own right. The Kunsthalle also runs the 'Museum At Home' initiative where art historians give their expert opinion on paintings (on canvas and wood), drawings and prints for a small fee.

開催予定:

13.08.2019 - 05.01.2020

23.08.2019 - 10.11.2019

開催地

Hamburger Kunsthalle
Glockengießerwall 1
20095 Hamburg

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

Hamburg Film Festival genuinely is for ordinary folk. For ten days every autumn, around 140 German and international feature films and documentaries are screened in ten locations and seen by over 40,000 fans. All are world, European or German premieres, and most are introduced by the film makers themselves, Q&A included.

The programme, which ranges from cinematically challenging arthouse movies to success-bound mainstream cinema, is divided into ten permanent sections as well as others that change year by year. Stars such as Clint Eastwood, Jodie Foster, Christoph Waltz and Julian Schnabel, Dogme-founder Lars von Trier and German directors Wim Wenders, Fatih Akin, Andreas Dresen and Tom Tykwer show just how diverse a festival this is. The organisers also focus their attention on certain specific aspects. For example, the Three Colours Green section examines themes such as nuclear phase-out, renewable energies and the mobility of the future. Northern Lights presents feature films and documentaries from Hamburg and Schleswig-Holstein. Eurovisuell concentrates on box-office hits from other European countries, and the Deluxe series shows classic films from a different country every year. Hamburg traditionally also reserves a starring role for young directors and their debut works. The film festival for children and young people, known as Michel, shows – in association with Frankfurt's LUCAS Children's Film Festival – German and international features and animations for the next generation of cinema-goers.

開催予定:

26.09.2019 - 05.10.2019

開催地

Festivalzelt und verschiedene Kinos
Allende-Platz 3
20146 Hamburg

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

The people of Hamburg know how to party. Not once but three times a year they team up with visitors for northern Germany's biggest funfair – which lasts a whole 30 days. For almost a month in spring, summer and winter, people flock to Heiligengeistfeld in Hamburg to enjoy fairground rides, food and drink, and shows. There are reduced prices for families on Wednesdays – and attention turns skywards on Fridays for the massive fireworks display.

開催予定:

08.11.2019 - 08.12.2019

27.03.2020 - 26.04.2020

24.07.2020 - 23.08.2020

06.11.2020 - 06.12.2020

開催地

Heiligengeistfeld
20359 Hamburg

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す