• 0

リューベック:北欧的な美しさと崇高な精神。

“ハンザ同盟の女王” リューベックは、 “バルト海沿岸部で最初の西洋都市” として、1143年に建設されました。 中世の面影が残る街並みが、ホルステン門をはじめとする文化的・歴史的な観光名所と共に、素晴らしい都市景観を創り出し、帝国自由都市やハンザ同盟都市としての “栄光の時代” を偲ばせています。

リューベックという地名は、幾世紀にもわたって、自由と権利、富の響きを含んでいました。 そしてリューベック法は、ラント法と海事法の基本規定を集めた、当時としては極めて進歩的な内容のもので、バルト海沿岸部の100以上の都市で採用されました ─ つまり、ハンザ同盟が当時最大の交易勢力に躍進する基盤となったのです。 当時のリューベックは、世界貿易における輝ける首都であり、疑問の余地なくハンザ同盟の中心都市でした。 四方を水に囲まれ、5つの教会から7つの塔が聳える旧市街は、1000年の歴史を生き生きと伝えており、1987年以来ユネスコ世界遺産として保護されています。 それも当然のことでしょう。ここでは、ゴシックやルネサンス、バロック、擬古典様式の歴史的建造物が、あるいは大通りと路地、教会と僧院、市民家屋と防御施設がひとつに溶け合って、類い稀な景観を創り出しているのです。 “レンガゴシックの宝石” と称されるマリエン教会は、リューベックで最も壮麗な宗教建築物であり、バルト海沿岸部に建てられた70余りの教会の手本となりました。また、レンガ造りのものとしては世界で最も高いヴォールト天井により、建築学的にも高い評価を得ています。 旧市街の最高地点に聳え立つマリエン教会と対をなしているのが、現代的な音楽&コングレスホール (MuK) です。 リューベック最大のホールであり、国際会議場やコンサートハウス、市民ホールとして、そしてシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭のメイン会場として利用されています。 現代的な建築デザインと並んで、MuKの際立った特徴になっているのが、屋上を飾るトーマス・シュッテの群像『異邦人』です。これは、ドクメンタ出展作品だったもので、故郷を離れ、異国の地で新たな生活を見いださなければならなくなった人々を象徴しています。

旧市街の主要建築物としては、市庁舎を取り巻く建築アンサンブルやブルク修道院、コーベルク ─ 完全な形に維持されている13世紀後半の街区 ─ のヤコビ教会と聖霊救済院、グロッケンギーサー通りとエギディエン通りの間の住宅群、古くて威厳ある都市貴族邸が並ぶペトリ教会から大聖堂までの区画、トラーヴェ川左岸の塩倉庫、そしてもちろん都市のシンボルであるホルステン門が挙げられるでしょう。 中世の香りが漂うリューベックを散策するのは、類い稀な体験になりますが、もちろん市内には現代的な面もあります:日が暮れると、数々のクナイペ (ドイツ風居酒屋) やレストラン、バー、クラブ、ディスコが活気づき、普段は冷静で控えめなハンザ市民たちも陽気な面を見せるのです。 ひょっとしたらギュンター・グラスの姿を見かけるかも知れません。彼は、トーマス・マンやヴィリー・ブラントと並ぶ、リューベックゆかりのノーベル賞受賞者3人のうちの1人です。 ギュンター・グラス・ハウスと名付けられた文学&造形芸術フォーラムでは、グラスの絵画を通して、彼の作品における文学と美術の密接な関係を明らかにする、常設展を目にできます。 フォーラムの敷地内には、グラス制作の彫刻が置かれた庭園や資料室、図書館、ショップなどもあります。 その “裏口” を出てすぐの場所には、ヴィリー・ブラント・ハウス ─ 元連邦首相にしてノーベル平和賞受賞者を偲ぶ博物館兼記念館 ─ が、2007年にオープンしました。 同じく旧市街中心部にある、1993年開設の「ハインリヒ&トーマス・マン兄弟記念館」では、遠い過去のものとなってしまった『ブッデンブローク家の人々』の世界が、マン兄弟の生涯や作品と共に紹介されています。 これら3つの建物は、リューベックの街と共に、皆さんの訪問をお持ちしています。もちろん、ノーベル賞の受賞者である必要はありません。 この都市の名物を味わい、満足してもらえるなら嬉しい限りです ─ リューベックのマルチパン (マジパン) は、アーモンド入りの “甘い誘惑” です。

都市の見どころ

1993年にリューベック旧市街の中心部に開設された文学博物館ブッデンブロークハウスは、遠い過去のものとなってしまった『ブッデンブローク家の人々』やマン家の世界へと入館者を導きます。

常設展は、いずれも作家だったトーマス&ハインリヒ・マン兄弟の生涯と作品に焦点が当てられています。 書簡や初版本、解説などが、読めるように展示されているのです。 さらに、たとえばトーマス・マンが1929年にノーベル文学賞を受賞したときの証書など、当時の書類や写真も目にできます。 マン家の人々や20世紀の作家の業績を紹介する、特別展が頻繁に開催されています。

ハンザ同盟都市リューベックの象徴であるホルステン門は、中世後期に建てられたドイツでもっとも有名な、かつ重要でよく保存された市城門です。 このリューベックの象徴をみんな持ち歩いたことがあります;前の50マルク紙幣の裏面のデザインはホルステン門でしたから。 1464年から1478年の間にリューベックの市参事会建築士H.ヘルムシュテーデによりトラーヴェ川側に建てられた後期ゴシック様式の市城門は、町の橋頭保であり、防御設備のひとつでした。 貿易と航海の中心地であったリューベックについてホルステン門博物館で知ることがでます:博物館は厚さ3.5メートルの壁の裏にあり、体験型の博物館になっています。

リューベックがどうしてマルチパンなのか、はっきりとは分かりません。 1407年頃に起こったリューベックの飢饉に関係があると言われています。 市政府はすべてのパン屋に、アーモンドと砂糖からパンを作ることを呼びかけました。 飢饉から美味しいものが生まれました:マルチパン。 他の史料ではマルチパンの始まりを1530年としていますが、「リューベックのマルチパン」という質を表す言葉が出てきたのは1800年頃からです。 この頃には130ほどの主にケーキ屋がマルチパンを作り、リューベックのマルチパンの評判を高めようと努めました。 それがうまくいったことは、今日見ての通りです。

ヴィリー・ブラント・ハウスは、リューベックが生んだ偉大な人物ヴィリー・ブラントの生誕94周年を機に、上品な都市貴族邸の中に開設されました:ここは、現代史を学ぶ場所であり、元連邦首相にしてノーベル平和賞受賞者を偲ぶ博物館兼記念館なのです。

スリリングな演出とマルチメディアによる展示「ヴィリー・ブラント ─ 20世紀の政治人生」を通して、ワイマール共和国から再統一にいたるブラントの経歴をたどり、現在なお影響力をもつ彼の思想を分かりやすく紹介しています。 その際、彼の生涯と並んで、民主主義や人権、平和といったテーマが中心に据えられています。

他を表示