• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

トリーア:古代ローマ人の遺産とフランス風の魅力。

紀元前16年にローマ帝国皇帝アウグストゥスによって、アウグスタ・トレヴェロールムとして建設されたトリーアは、ドイツ最古の都市として知られているだけでなく、古典古代の歴史的建造物や美術工芸品が豊かな場所としても有名です。 このような特徴は、ポルタ・ニグラを見れば一目瞭然でしょう。ポルタ・ニグラは、ローマ時代に造られた、極めて保存状態の良い市城門で、現在はモーゼル河畔の都市トリーアのシンボルになっています。

ドイツ最古の都市がアウグスタ・トレヴェロールム (今日のトリーア) なのか、それともノヴァエシュウム (現在のノイス) なのか、その答えはひとまず保留しておきましょう。 確かなことは、古代ローマ人がトリーアを ─ 入植地のままにしておかず ─ 自治都市に昇格させたことです。 まずローマ帝国皇帝が、後には司教や選帝侯、市民たちが、トリーアにプロフィールを与えてきました。歴史的建造物 ─ その多くは1986年にユネスコ世界遺産に登録されました ─ や美術工芸品は、今日まで保護され、波瀾万丈の歴史を物語っています。 ポルタ・ニグラや円形劇場、古代ローマ人たちも温泉に浸かった皇帝浴場 (カイザーテルメン) 、2世紀に建造されたバルバラ浴場 (バルバラテルメン) の遺跡、現在も幹線道路が通るローマ橋 (レーマーブリュッケ) などは、古典古代のトリーアを今に伝える貴重な文化遺産です。 その一方で、ドイツ最古の大聖堂である聖ペテロ大聖堂や初期ゴシック様式の聖母教会といった、中世の建築物も観光客に感銘を与えています。 こと食事に関しては、トリーアがフランス国境に近いことを強く感じるはずです。 ここには、インターナショナル・レベルの料理を供する、卓越したレストランが数多くあります。 もちろん食事の際には、モーゼルやザール、ルーヴァーの素晴らしいワインが重要な役割を担いますし、数ある都市祭やワイン祭りにおいては、地元のワイナリーが人々を唸らせています。 そして、モーゼルワイン文化祭が開催される1か月間は、1年のハイライトと言えるでしょう。 この時期、市内と周辺地域で、あらゆる意味での “料理の粋” が供されます ― トリーアに1か月滞在してみる、格好の理由になるはずです。

それでは、歴史都市トリーアの散策に出かけましょう。中世の面影を残すハウプトマルクト広場には、シュタイペ館や “赤い家” 、聖ガンゴルフ教会、マルクトの十字架、ペトルス噴水などがありますし、その近くのユダヤ小路やベネディクト会聖マティアス修道院、さらにはフランケン塔やエルサレム塔といった堅固な居住塔なども、見どころに挙げられます。 そして、市立博物館で見事な都市模型に感嘆したり、州立ライン博物館でローマ時代の発掘品やモザイク床を見学してください。 一時に比べると “崇拝者” が少なくなったとはいえ、カール・マルクスは現在でもドイツの偉大な思想家・哲学者に数えられており、彼の生家であるカール・マルクス・ハウスは、主義主張にかかわらず、一見に値する観光スポットです。 このようにトリーアは、歴史と精神文化の豊かな都市ですが、専門単科大学や総合大学が置かれている、若々しくて活気に満ちた都市であり、さらには過去と現代が融合している、愛おしくて住みやすい都市でもあります。 市街地では、様々なショップやカフェ、クナイペ (ドイツ風居酒屋) 、ビストロが散策や休憩へと誘います。 もちろん、多彩な音楽や演芸、エンターテインメントを体験できる、文化施設や人気クラブを忘れるわけにはいきません。中でも、TUFAと略されるトゥーフファブリクは、全国的に有名なイベントセンターであり、 都市建設2000年記念祭の余韻が残る1985年11月にオープンして以来、あらゆるジャンルのアーティストたちのスタジオ兼ステージになっています。 ここには「万人のためのカルチャー&コミュニケーションセンター」というモットーが、創業時から掲げられています。 素晴らしいことに、この「万人」にはトリーアを訪れる人々も含まれているのです。

都市の見どころ

最初は町の門、次に教会、そして今は記念物:「黒い門」ポルタ・ニグラは、アルプス以北唯一の最大でもっともよく保存されたローマ時代の市城門で、今日トリーア市の象徴となっています。 多くの歴史的建造物で言えることがここでも当てはまります:当時の技術からみて驚くべきことではないのですが、当時の建築士は正確に最後までは造れませんでした。 「ポルタ・ニグラの秘密」という体験ガイドツアーでは閲兵式の武具を着けた本物の百人隊長が、ビジターをこの市城門の歴史の中へ案内します。

もっとも古くよく保存されているローマ時代の建造物は巨大な野外円形劇場で、約2万人の観客を収容できます。 今日、コンサートや、なかんずく古典劇には最高の舞台となっています。 ここでは古代ギリシャローマの題材が上演され、サー・ピーター・ユスチノフやハンナ・シグラといった俳優の助力もあり、イベントは広く知られるようになりました。 パンとサーカスと銘打ったイベントは、娯楽と運動競技が混じった科学的検証に基づくショーで、アーチスト、芸人、剣闘士がローマ時代の闘いを繰り広げます。 でも当時より生き残りのチャンスは遥かに多くなっていますが。

印象的な皇帝浴場の廃墟、土に埋もれた部屋、前の建物の壁が残っていて、トリーアで今までに明らかになった建造物の中でもっとも貴重なものとなっています。 今日でも浴場を見学すると、地上と地下で歴史を肌で感じることができます。 高温浴室のカルダリウムの壁も、市の象徴となる建造物です。 皇帝浴場とバルバラ浴場は、ローマ帝国の浴場施設としてはローマにある浴場に次ぐ最大のものでした。 「浴場での裏切り」と名付けたガイドツアーでは、見学者はほぼ忘れ去られた時代へ興味深い旅ができます。

織物工場、略してTUFAは、かつての織物工場の中にある地域の文化センター、小舞台です。 練習場や展示場、上演する場を持たないグループ、バンド、アンサンブル、個人芸術家が、文化ワークショップ協会の下にひとつにまとまりました。 後援者であるTufa協会は、幅広い文化の担い手である25の個別組織の上部団体で、独自に小舞台芸の分野のイベントを行い、文化プログラムの充実に力を注いでいます。 こうした協調によりイベントのテーマ、講習会、ワークショップが多様になりました。

他を表示