• 0
景勝地を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
Elongated Spree Forest log cabin with thatched roof and clay pots in front of it

ユネスコ生物圏保護区シュプレーヴァルト ─ 森が水面に映るところ

ベルリンから南東へ100キロメートルほどの場所には、中央ヨーロッパでは珍しい風景が広がります ─ シュプレーヴァルト (シュプレーの森) は、数百年も人間の影響を受けながら、広範囲にわたって自然が残る低湿地帯です。

多数の川が流れる、公園さながらの景観は、シュプレーヴァルトの特別な魅力になっています。シュプレーヴァルトは、人間の影響を受けながらも、広範囲にわたって自然が残る低湿地帯なのです。数百年来の開墾は、草原と耕地、森林、そして全長1000キロメートルの河川網による、 “風景のモザイク” を創り出しました。そして、多様な生活圏が、豊かな動植物相を生み出したのです。ここには、ナベコウやカワウソ、ビーバーといった、他の場所では絶滅寸前かすでに絶滅してしまった動物が生息しています。この地域を保護するために、シュプレーヴァルトは1990年に生物圏保護区に指定され、1991年にはユネスコの登録を受けました。シュプレーヴァルトには、古来の伝統や民族衣装を守り続ける、スラブ系民族のソルブ人 (歴史的にはヴェンド人とも) も入植しています。また、伝統的な丸太小屋や農園からなる、シュプレーヴァルトの村も一見の価値があるものです。生物圏保護区シュプレーヴァルトは、この希有な文化や自然を識る、様々な機会を観光客に提供しています。たとえば、自転車やカヌー、シュプレーヴァルト・カーン (平底の木造船) による、日帰りから数日間のツアー (予約可能) が、この土地の風景と人々を “発見” する旅へと招いているのです。

Discover your favourite spot