• 0
The Palatinate wine region, view from Kalmitwingert near Ilbesheim

ワイン生産地域プファルツ:これ以上のリースリングはありません。

ワイン生産地域プファルツを手短によく知るには ドイツ・ワイン街道 を知ることです。世界でもっと古いワイン観光ルートは、北のボッケンハイムとフランス国境のシュヴァイゲンの間にあるワインの町村を結んでいます。また ドイツ・ワイン街道 サイクリングとハイキングのルート は、プフェルツァーヴァルト山地とライン川の間に広がる魅力的なワイン生産地域を知る絶好のルートで、徒歩で、あるいは自転車で訪れるとよいでしょう。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト

はじまりは古代ローマ人でした。彼らがプファルツ地方にワインをもたらし、その結果ドイツ・ワイン街道が生まれたのです。この街道は、1935年に設定された、全長約85キロメートルのルートです。フランス国境に近いドイツ・ワイントア (ワイン門) からシュヴァイゲン=レヒテンバッハを経て、北部のボッケンハイムまで、プファルツ地方を蛇行しています。

最上級のリースリング種が育つプファルツ地方では、コンパスの針も “約束の地” を指しています。ここは、天候も気候も最高といえるでしょう。そして、観光客には “エデンの園” が開放されています。春にはハタンキョウの木がピンクの花をつけ、夏にはキウイやイチジク、レモンの実が育って、大きなセイヨウキョウチクトウの茂みが農場や庭園を満たし、秋には陽光とアロマを蓄えたブドウの海が収穫を待ち、美味しいプファルツ地方の料理が作られる ─ これらの全てが、ドイツ・ワイン街道を “堪能の道” に変えているのです。

ワインの世界

ドイツ・ワイン街道は、サーキットではありません。小さなワイン村を通り、ブドウ畑が広がる丘陵で、曲がりくねった道を進む……これだけでも大分違いますが、しかも途中の様々な土地で、ワインの試飲にストップできるのです。開放的な園亭で、道端で、試飲コーナーで、あるいは数あるワイン酒場で、有名なブドウ畑が生んだ素晴らしいワインが注がれます。ドイツ最大のワイン生産地に広がる、美しい “サンルーム” は、ブドウが瞬く間に実る土地であり、ワインの神ディオニソス (ローマ名:バッカス) がイメージ通りの役割を演じる舞台なのです。そしてプファルツ地方の三連星とされる、リースリング種とグラウブルグンダー種、ドルンフェルダー種のブドウが、最高の味覚を生み出します。

驚くような観光スポット

ルート上で最大の観光スポットとされるのが、デュルクハイムのワイン樽です。容量170万リットルで、約650人を収容できる、世界最大の樽であり、現在はワインの試飲や食事ができるワイン酒場になっています。また、ワイン祭りをはじめとするイベント類も盛りだくさんです。主なものとしては、春のハタンキョウ花祭りや世界最大のワイン祭りデュルクハイマー・ヴルストマルクト、ドイツ・ワイン女王が選ばれるノイシュタットのブドウ収穫祭、そして10月下旬にシュヴァイゲン=レヒテンバッハで行われる秋祭りなどが挙げられます。

シンプルに全てを堪能

ブドウ園が広がる土地では、ワインは “生命の魔法薬” であり、ワインなしで祝うことなど考えられませんし、大小の祭りでは押しも押されぬ主役です。ワイン街道を、もう一度新鮮な気持ちで体験したくなったら、逆方向に進んでみてください。この街道を一度旅すれば、その意味が分かるはずです!

枢密顧問官ドクター・フォン・バッサーマンヨルダン所有の有名なワイナリーの敷地にあるケッチャウアー・ホーフは、最高の美食家のためのスポットです。グルメレストランとワインビストロとブティックホテルのアンサンブル。豪奢なスイート、豪華なダブルルーム、華麗なフォン・バッサーマン・スイートがあり、古典的エレガンスと時代を超越したモダンを調和させています。
心温まる、雰囲気の良い、ぜいたくを保証する家庭的なホテル:パノラマテラスのあるレストランでグルメ料理と特選ワイン、伝統的なガストハウス・ゼーゼルで代表的なプファルツワインをどうぞ。ビューティと活力回復には館内にビューティ・ヴァイタルのサービスを設けています。気持ちよく過ごすためのすべてを提供するホテルです。
他を表示